チェキ

チェキのおすすめモデルを徹底比較【2021最新版】チェキ本体・チェキプリンターの種類と選び方

チェキ

チェキのおすすめモデルを比較して、初めてでも自分にあったチェキが選べるように「種類・選び方」など、購入前に知っておきたい情報をまとめて紹介します。

日々の思い出作りやお部屋のインテリアとしてもチェキはおすすめ!
そんな大人気のチェキには、おすすめ「チェキカメラ」とスマホで撮影した写真などをチェキとしてプリントできる「チェキプリンター」があります!

レンタル出来るおすすめなチェキもあり、お得に試せるので参考にしてみてくださいね♪

チェキとはどんなカメラのこと?

チェキとは・・・撮った写真がすぐフィルムにプリントされて出てくるインスタントカメラのこと。

チェキの誕生は、1998年。富士フイルムによって発売され、世界中でファンを獲得している大ヒットモデルです。
ちなみに、正式名称はチェキではなく「instax(インスタックス)」。海外で要チェックという意味の(check it)が略されて現在のチェキとして浸透しました。

軽くて大人が片手で、難なく持ち運べることから女性や子供に特に人気の商品となっています。
最近では、録音可能なモデルやスーパーマリオ・ポケモン・動物の森などキャラクターコラボによってさらに注目を集めています。

チェキの種類と選び方!性能や機能の違いに注目

チェキは機種の種類で3種類あり、フィルムも3種類あります。
そのため、どんな写真を撮りたいかに合わせて機種の種類とフィルムを組み合わせて選ぶことが、チェキ選びで失敗しないためのコツです。

ここから、チェキの種類についてまずは紹介していきます。
特徴も踏まえて、自分にあった種類を選びましょう。

種類 特徴
アナログ 簡単な操作で初めてでも安心
デジタル プリントする前に編集や加工ができる
プリンター スマホの写真をチェキでプリントできる

アナログは、ファインダーを見ながらシャッターを押す簡単に操作できるモデル。
撮影した写真がすぐに現像され、軽くて持ち運びがしやすいので女性や子供にも人気のモデルです。

デジタルは、従来のチェキにデジカメの要素も加わったハイブリッドなチェキのことを指します。
撮影した写真をチェキのモニターで確認したり、編集したりすることができるのが特徴です。

デジカメからチェキフィルムを印刷できるようになったのが、デジタルのチェキとなります。

チェキプリンターは、スマホで撮影した写真を印刷することができるチェキのことです。外出先でもすぐに写真を印刷できるので、旅行に持っていくのにおすすめです。

チェキの種類別対応モデル一覧

種類 対応モデル
アナログ mini11/mini90/SQ1/WIDE300
デジタル LiPlay/SQ20
プリンター Link/SP-3

チェキの種類については以上です。
ここから、チェキのフィルム3種類について紹介します。
フィルムによって出来上がる写真に違いが出てくるので、チェキはフィルム選びも大切。

チェキのフィルムの種類とサイズ

チェキ_フィルム_大きさ
チェキにはフィルムも、3種類あります。
チェキを使うときに知っておいてもらいたいフィルムの種類と特徴をご紹介します!

各フィルムのフィルムサイズと画面サイズ・おすすめ使用用途については下記のとおりです。
※右にスライドできます

チェキスクエア用フィルム
SQUARE
チェキワイド用フィルム
WIDE
チェキ用フィルム
mini
フィルムの種類 SQUARE WIDE mini
フィルムサイズ 86 × 72 mm 86 × 108 mm 86 × 54 mm
画面サイズ 62 × 62 mm 62 × 99 mm 64 × 46 mm
使用用途 風景写真 集合写真 記念写真
スナップ

フィルムサイズの高さは一定ですが、幅が違うことと各フィルムに対応しているチェキによって画面サイズが変わってきます。
また、使用用途によってもおすすめするチェキが違うので、自分が使用する環境に合わせてチェキを選ぶ必要があります。

ゲオあれこれレンタルでは、チェキ本体のレンタルと同時にチェキフィルムも購入できます!
3種類の大きさ全て購入できるほか、モノクロフィルムも販売中です。

<<チェキはレンタルも可能♪>>

写真のサイズは一度選ぶと後で変更することができないので、購入する際にはしっかりと選びましょう。

チェッキのフィルムはこの記事で詳しく紹介しています♪♪
チェキのフィルムの種類や値段は?おすすめの販売店や入れ方も解説

チェキのおすすめモデル9選

ここからは、沢山販売されているチェキの中から厳選したおすすめの9つのモデルを紹介していきます。一緒に機能やデザインの違いを見ていきましょう。

instax mini LiPlay

instax_mini_LiPlay

instax mini LiPlayは、モニターを見ながら何度でも撮影をすることができるので、気に入った写真を皆でシェアすることができます。

他にも、10cmまで近づいて撮影ができたりフレームを付けることができたり、音まで撮ることができます。
スマホの写真もプリントできる便利な一台を探している方におすすめです。

これ一台でカメラとしても、チェキプリンターとしても使える優れもので、フィルムも一般的なminiサイズとなっています。

\3泊4日2,980円~レンタル可能!/

instax SQ20

instax_SQUARE_SQ20.jpg

モニターを見ながら撮影可能で画像の編集や加工が楽しめるのが、instax SQ20の特徴です。

また、撮影した動画からベストな瞬間を写真にすることができたり、時間差撮影で4コマ分割して1枚の写真にすることができたりと、他のチェキではできない機能があります。

撮影を楽しみたい方におすすめの一台です。

\3泊4日3,480円~レンタル可能!/

instax mini11

instax mini11

今までのチェキのように気軽に撮影を楽しみたい方におすすめしたいのが、instax mini11です。

どんなシーンでも簡単に撮影することができるので、撮影するのが楽しくなります。

他のチェキでは暗くなる場面でも、オートで明るさを調整するので人物をキレイに撮影できるのも特徴です。
大きさもコンパクトサイズですので、手の小さい方でも扱いやすくなっています

instax WIDE 300

instax WIDE 300

instax WIDE 300の特徴は通常のチェキに比べて2倍のフィルムサイズとなっていることです。
パーティーやイベントなど、大人数で撮影することが多い方におすすめ。

逆光時でもキレイに撮影できるストロボ強制発光機能や、明るさを自動で調整してくれるのでシーンを選ばずに撮影ができます。

\3泊4日2,980円~レンタル可能!/

instax mini25

instax mini25

チェキが初めての方におすすめしたいのが、基本的な機能に優れていてコンパクトサイズのinstax mini25です。

2009年の発売以降ほとんど形が変わらずに販売されていて、自動で明るさを調整してくれるので、明るさを調整して使うチェキに比べて簡単に撮影を楽しめます。

付属で接写レンズも付いているので、マクロ撮影もできます。
場面を選ばずに撮影できるので、人物以外にも物の撮影にも優れています。

instax mini 90

instax mini 90
instax mini 90は、他のチェキとはデザインから違います。
クラシックなデザインはどんな場所とも相性が良く、大人のガジェットとして人気がありますよ◎

高級感のあるカメラが欲しい方にも人気のチェキで、様々な撮影モードがあるのも特徴です。

特におすすめの機能は、動きの速い被写体もブレずに撮影することができるキッズモードです。子供やペットを撮影するのにおすすめです。

\3泊4日2,980 円~レンタル可能!/

instax SQ10

instax SQ10
動画を撮影することはできませんが、写真の編集や加工機能が充実しているのがinstax SQ10の特徴です。

11種類のフィルターと画像の四隅の明るさを調整できるビネット機能・明るさ調整を使うことにより、自分好みの作品にすることができます。
通常のチェキにはできない、写真にこだわりたい方におすすめの一台です。

instax mini70

instax mini70
高性能なチェキを探している方におすすめしたいのが、instax mini70です。

6色から選ぶことができるカラーバリエーションも豊富で、セルフショットミラーを搭載していることで、自撮りも簡単にできるのがポイント。

他にも、マクロモードや遠景モード、ハイキーモードなど機能が充実していて、弱フラッシュ機能によりベストな写真を撮ることができます。

instax mini8+

instax-mini8

チェキと言えばこの機種を思い出す人も多いのではないでしょうか?私も良く見るチェキはinstax mini8+です。
instax mini8よりも使いやすくなったのが、instax mini8+です。

セルフショットミラーが搭載されていたり、接写レンズが付属しているので、リーズナブルに使えるチェキとして人気です。

また、カラーバリエーションも豊富ですので、他の人と違ったチェキを選ぶことができます。
低価格で便利なチェキを探している方におすすめしたい一台です

\3泊4日2,180円~レンタル可能!/

おすすめチェキを比較表にまとめました

ここまでおすすめチェキ9モデルを紹介してきました。
紹介したチェキを比較して選べるように比較表にまとめたので自分に合ったチェッキを是非見つけてみましょう。

※商品名クリックで、レンタルor購入ページへ飛びます。

商品名 商品画像 金額 電源 本体寸法
(幅×高さ×奥行き)
本体質量
instax mini LiPlay レンタル:3泊4日2,980円 リチウムイオン電池(内蔵型:取り外し不可) 82.5 mm x 122.9 mm x 36.7 mm(突起部除く) 約255g(フィルムパック、記録メディア含まず)
instax SQ20 レンタル:3泊4日3,480円 リチウムイオン電池(内蔵型:取り外し不可) 119mm×127mm×50mm(幅×高さ×奥行き) 390g(フィルムパック、記録メディア含まず)
440g(フィルムパック、記録メディア含む)
instax mini11 購入:7,800円 単3形アルカリ電池(LR6)2本 /撮影可能パック数:約10パック 107.6 mm×121.2 mm×67.3mm 293g(電池、ストラップ、フィルム別)
instax WIDE 300 レンタル:3泊4日2,980円 単3形アルカリ電池(LR)×4本、撮影可能パック数 約10パック 168mm×95mm×121mm 612g(電池、ストラップ、フィルム、接写レンズ別)
instax mini25 購入:7,980円 リチウム電池 CR2×2本/撮影可能パック数 約30パック 112mm×121mm×51mm(突起部除く) 275g(電池、ストラップ、フィルム、接写レンズ別)
instax mini 90 レンタル:3泊4日2,980 円 リチウムイオン電池 NP-45AまたはNP-45S/撮影可能パック数 約10パック 113mm×92mm×57mm 296g(バッテリー、ショルダーストラップ、三角カン、フィルム別)
instax SQ10 購入:11,058円 リチイムイオン電池 119mm×47mm×127mm 450g(フィルムパック、バッテリーを含む)
instax mini70 購入:9,900円 リチウム電池(CR2) 2本/撮影可能枚数:約40パック 99.2mm×113.7mm×53.2mm(突起部除く) 281g(電池、ストラップ、フィルム別)
instax mini8+ レンタル:3泊4日2,180円 単3形アルカリ電池(LR6)×2本/撮影可能パック数 約10パック 116mm×118mm×68mm 307g(電池、ストラップ、フィルム別)

スマホで撮影した写真をチェキに印刷できるチェキプリンター

ここまではおすすめのチェキについて紹介してきました。
スマホで撮影した写真もチェキのように残したい方におすすめしたいのが、チェキプリンターです。

チェキプリンターを使うことで、スマホで撮った画像をチェキのように印刷することができます。
ここからは、おすすめのチェキプリンターについて紹介します。

スマホdeチェキ instax SHARE

instax-share

スマホdeチェキ instax SHAREを使用すると、スマホの画像を簡単にチェキ風に印刷することができます。

アプリで画像を加工し、モノクロやセピアなど自分好みに加工可能♪
また、スマホ以外にもデジカメとも接続することができるので、写真の楽しみ方を広げられる一台です。

\3泊4日3,680 円~レンタル可能!/

instax mini Link(キャラチェキ対応モデル)

instax-mini-link

instax mini Linkは、チェキプリンターとしても使うことができますが、リモコンとしても使えるので撮影の幅が広がります。

また、動画の中から写真にすることもできるので、スマホの写真撮影の機能を増やすことができる一台です。

210gとコンパクトな大きさですので、持ち運びにも便利。スマホやデジカメと組み合わせて使いたい方におすすめです。

\7泊8日2,880円~レンタル可能!/

キャラクターコラボの限定チェキとケース

instax mini ハローキティ Special BOX

ハローキティー限定チェキ
株式会社サンリオの大人気キャラクター「ハローキティ」とコラボした世界中で大人気なモデル。
ハローキティのリボンが特徴的な本体と専用のショルダーバッグがセットになっています。

instax mini ハローキティ Special BOX セット内容

商品 個数
instax mini ハローキティ本体 1台
ショルダーストラップ 1本
絵柄フィルム 1パック(10枚)
オリジナルシール 1枚
ショルダーバッグ 1個

instax mini link ピカチュウケース

instax mini link ピカチュウケース
Nintendo Switchのゲーム画面も簡単にチェキプリントできる「imstax mini link」専用のピカチュウケース。
専用スマホアプリでは、「どうぶつの森」「ポケモン」「マリオ」のフレームや加工が可能です。
チェキ キャラクターフレーム
ピカチュウケースで、キャラチェキをもっと楽しもう♪

チェキに関する疑問や注意点まとめ

ここからは、チェキに関する疑問についての解説をします。

現像方法は?

チェキの現像を待っている間は、フィルムを振ったり押したりしてはいけません。

そのまま放置してもキレイに現像できますが、気温が低い場合はポケットに入れて温めることで早く現像が終わることもあります。
現像に適した温度は、5〜40℃です。

アクセサリーは?

instax-アクセサリー

チェキのアクセサリーは、公式サイト(https://instax.jp/item/accessory/)から購入することができます。
ストラップやカメラケース、アルバムなど様々なアクセサリーがあるので、お気に入りを見つけてみてくださいね♪

フィルムの購入場所は?

instax-フィルム

フィルムも、公式サイト(https://instax.jp/item/accessory/)から購入することができます。
通常のフィルム以外にも絵柄の入ったフィルムも販売されているので、特別な場面で使用することで思い出に残すことができます。

チェキのメリット・デメリット

チェキ_メリット_デメリット

チェキのメリット

定番となっている結婚式での演出や誕生日会やイベントの時に使用することで、特別な時間を演出することができます。
また、旅行や普段の様子を写真に収めることで、写メとは違った風に思い出に残すことが可能です。

チェキのデメリット

気軽にプリントすることができる反面ランニングコストが発生することです。

チェキを使用するにはフィルムが必要になります。
フィルムがないとチェキを楽しむことができないので、たくさん撮影したいときにはフィルムの枚数に注意して撮影しましょう。

チェキを比較して好みのモデルを手に入れよう

ここまで様々なモデルのチェキを比較してきました。
使用するシーンによっておすすめのモデルは違いますので、今まで紹介してきたチェキを参考にして好みのモデルを手に入れましょう♪

私的には、シーンを選ばずいつでもどこでも楽しめる「instax mini LiPlay」が特におすすめですよ◎

チェキはレンタルで試す事もできますので、何機種か試してから購入したい場合はレンタルして旅行先で使用するのもありです。

\3泊4日2,980円~レンタル可能!/

\レンタル可能なチェキ一覧はこちら/

タイトルとURLをコピーしました