その他

AppleTV(アップルtv)でできる事って何?実際に使った感想をレビューしていきます

その他

パソコンやスマホではなく、テレビの大画面で映画やYoutubeなどの動画を楽しみたいと思って、何か良いデバイスないかなと探していたところ、Appleユーザーの私には「Apple TV(アップルテレビ)」が一番良いとのことだったので試してみることにしてみました。

今回は私がApple TV(アップルテレビ)を使っていろいろと試してみた感想をレビューしていくので、Apple TV(アップルテレビ)が気になっている方や購入を検討されている方は参考にしてみてください。

\AppleTVがレンタルできる♪/

気に入った場合はそのまま購入も可能です◎

Apple TV(アップルtv)とは?

Apple TV(アップルtv)とは、Appleが販売しているデバイスの1つで、ご家庭のテレビに接続することで、ネットワーク経由で映画やテレビ・音楽・ゲームなどが楽しめる「セットトップボックス」と呼ばれる商品のことです。

テレビに接続するだけでさまざまなサービスが使えるようになるので、いつもはテレビ番組を見るだけだったテレビの楽しみ方がグンと広がりますし、スマホやタブレット、パソコンよりも大きくて画質の良い大画面のテレビで映画やドラマ、アニメといった動画コンテンツを楽しむこともできます。

また、iPhoneやiPadといったデバイスと連携することで、スマホの画面をテレビにミラーリングしたり、音楽やゲームをテレビを使って楽しんだりすることもできてしまいます。

Apple TV(アップルtv)の料金はいくら?

Appleの公式サイトでは2021年7月28日時点で「Apple TV 4K」と「Apple TV HD」の2種類が販売されています。

1つ前の「Apple TV 4K(第2世代)32GB/64GB」については、Amazonなどで購入できますが、Apple公式サイトでは販売されていません。

では、各モデルの価格やスペックを詳しく見ていきましょう。

モデル Apple TV 4K(第3世代)64GB Apple TV 4K(第3世代)128GB Apple TV 4K(第2世代)32GB/64GB
価格 19,800円(税込) 23,800円(税込) 21,800円/23,800円(税込)
発売日 2021年5月21日 2022年11月4日 2022年11月4日
サイズ 35×98×98 mm 31×93×93 mm 31×93×93 mm
重量 425g 208g 214g
CPU A12 Bionicチップ A15 Bionicチップ A15 Bionicチップ
リモコン Siri Remote(第2世代) Siri Remote(第3世代)※USB Type-C Siri Remote(第3世代)※USB Type-C
オーディオ Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
解像度 4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
HDR Dolby Vison
HDR10
HLG
Dolby Vison
HDR10+
HDR10
HLG
Dolby Vison
HDR10+
HDR10
HLG
Wi-Fi Wi-Fi 6
MIMO対応
Wi-Fi 6
2×2 MIMO対応
Wi-Fi 6
2×2 MIMO対応
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
対応端子 HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet
HDMI 2.1(eARC) HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet

価格についてはApple TV 4K(第3世代)とApple TV 4K(第2世代)ではほとんど変わらないので、特別な理由がない限りは新しいモデルを購入するのがおすすめです。

Apple TV 4K(第3世代)の方が基本的なスペックは上ですし、サイズや重量が一回り小さくなっているので、家に設置するのも便利になります。

では、それぞれのモデルについて詳しく見ていきましょう。

Apple TV 4K(第3世代)64GB


Apple TV 4K(第3世代)では、CPUがA15 Bionicチップにバージョンアップされたことによって、CPU性能を最大50%向上させることに成功しました。

GPU性能も最大30%アップ、アプリ起動速度も高速化されたことで、操作の快適性が向上しました。

画質や音響について大きな変化はないものの、第3世代では「HDR +10」に対応しています。

また、リモコンの端子がLightningからType-Cに対応したことで使いやすさが増したのではないでしょうか。

そして、Apple TV 4K(第3世代)64GBモデルは「ギガビットEthernet 」に対応していないため、有線接続はできず無線(Wi-Fi)接続のみで利用します。

Apple TV 4K(第3世代)128GB


Apple TV 4K(第3世代)128GBは、基本的なスペックについてはApple TV 4K(第3世代)64GBとほぼ同じです。

唯一の違いとしては「ギガビットEthernet 」に対応していて、有線接続ができるという点が挙げられます。

有線接続が利用できれば通信が安定するため、高画質の動画配信も快適に視聴できますし、オンラインゲームもストレスなくプレイできるでしょう。

Apple TV 4K(第2世代)32GB/64GB


Apple TV 4K(第2世代)32GB/64GBは、1つ前の機種のApple TVで、スペック的には第3世代よりも劣っています。

ただし、画質や音響面などについては大きな違いはありませんし、有線接続にも対応しているため、今Apple TV 4K(第2世代)32GB/64GBをお使いの方は無理をして買い替える必要はないでしょう。

\AppleTVがレンタル可能♪/

気に入った場合はそのまま購入も可能です◎

Apple TV(アップルtv)でできる事

AppleTV_
Apple TVを使うと主に以下のようなことができるようになります。

  • 映画やドラマを視聴する
  • 音楽を聴く
  • ゲームをプレイする
  • 写真を楽しむ
  • iPhoneやiPadの画面をミラーリングする

それでは、Apple TVでできることについて詳しく見ていきましょう。

映画やドラマを視聴する

Apple TVを通じて映画やドラマをレンタルして楽しむことができますし、サブスクサービスの「Apple TV+」に加入すればオリジナルコンテンツを楽しむこともできます。

対応している動画配信サービスには、NetflixやAmazonプライム・ビデオ、Hulu、U-NEXT、dTV、ABEMAなど人気のサービスにはもれなく対応しています。

その他にも、Youtubeといった無料で使える動画サービスも使えるので、テレビを通じてさまざまなコンテンツをApple TVで楽しめます。

また、iTunes Storeを通じて新作映画やドラマを課金して視聴することができます。

オリジナル作品も豊富に取り扱っているので、自分好みのコンテンツを見つけてみましょう。

音楽を聴く

Apple TVでは、iTunesアプリに対応しているため、自分のアカウントを使うことでテレビから音楽を再生することができます。

Appleが提供している音楽サブスク「Apple Music」を使えば、お好きな曲を好き放題に楽しむことができるでしょう。

テレビのスピーカーだけでなく、外部スピーカーに接続して利用するのもおすすめです。

その他にも、MacやiPhoneをApple TVと連携して、iTunesから音楽を再生することもできます。

ゲームをプレイする

App Storeで配信されているゲームアプリで楽しむこともできます。

さらに、Appleでは「Apple Arcade」と呼ばれるゲームのサブスクサービスが提供されており、定額制でゲームが遊び放題になります。

専用のコントローラーも別売で販売されているので、Apple TVを使えばテレビの大画面でゲームを思い切り楽しむことができるでしょう。

日本でも馴染みのある名作「クロノ・トリガー」や「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」などもあるので、さまざまなゲームが楽しめますね。

写真を楽しむ

Appleが提供しているiCloudフォトライブラリを使うことで、iCloud上で保存された写真やビデオをテレビの大画面で楽しむことができます。

ホームパーティなどで友人や家族と写真を楽しむこともできます。

iPhoneやiPadの画面をミラーリングする

Apple TVでは、iPhoneやiPad、Macと接続する「AirPlay」という機能が搭載されており、iPhoneやiPadの画面をテレビにミラーリングすることができます。

AirPlayを使えばスマホからの操作で動画や音楽を再生することができて便利ですね。

Macを使う場合は、AirPlayを使うことでテレビをサブディスプレイとして使える場合もあります。

デュアルディスプレイで快適な作業環境を手に入れたい方は、モニターではなくAppleTVを購入して自宅のテレビと接続するのもおすすめです。

Apple TV(アップルtv)を実際に使ってみた

AppleTV_iTunes
今回はApple TV(第4世代)を使ってみましたのでレビューしていきます。

結果から申しますとかなり使いやすくて、購入待ったなしでした。

様々なストリーミングデバイスがありますが、iPhoneユーザーはApple TVを購入することをおすすめします。

その理由を今から詳しく説明していきますね◎

iTunesの快適度が爆上がり

AppleTV_歌詞
「音楽はスマホで十分」という方も多いので、テレビに接続してまで音楽を聴こうと思う人もいないかもしれません(私もそうでした….)。

しかし、実際に使ってみてわかったのですがiPhoneユーザーは絶対にApple TVでiTunesを使うべきだと思いました!

試してほしい理由は大きく2つです。

  • 歌詞が大画面に表示されるのでカラオケ気分で楽しめる
  • 海外アーティストのPVも豊富にあるので一日中流していても飽きない

ただ音楽を聴くだけでなく、音楽を聴きながら歌詞を楽しんだり、PVをみながら盛り上がったりなど、さまざまな楽しみ方ができるのが良いですよね。

友達と家で遊ぶ時のBGMにも使えますし、お部屋やカフェのような雰囲気に彩るときにも便利に使えそうです。

もちろん高音質の外部スピーカーに接続して本格的に音楽を楽しむというのもアリだと思います!

ただ音楽を再生する機能だけじゃない楽しみ方ができて面白かったので皆さんにおすすめしたいと思いました。

サブスクで映画が楽しめる

AppleTV_動画
Appleで提供されているApple TV+やNetflix、Amazoプライム・ビデオ、Huluなど、さまざまな動画サブスクを利用して映画を思う存分楽しむことができます。

今までもサブスクは利用していたのですが、パソコンのあまり大きくない画面で映画を見ていたため「臨場感に欠けるな〜」と思っていました。

Apple TVを使えばテレビの大きな画面で映画が楽しめるので、迫力のあるアクション映画や派手なヒーロー映画など「こんなに面白いんだ!」って言うほどに楽しめています。

やっぱり映画は大きな画面で楽しみたいですよね。
Apple TVを使えば、さまざまなサブスクを使って映画を大画面のテレビで楽しめるので、映画好きのAppleユーザーなら絶対に必要なデバイスです。

Apple Arcade (アップル・アーケード)の定額制ゲームが遊べる

AppleTV_ゲーム
「Apple TVでゲームができる」というのは私も購入前には知らなかったのですが、「Apple Arcade」という定額制のゲームサービスがあるのを知ったので試しに使ってみました。

Apple Arcadeでは、Appleのオリジナルゲームが月額600円で遊び放題になるのですが、これが思いのほか面白くて今ハマっています。

日本のゲームとは一味違った雰囲気のゲームが多くて新鮮ですし、日本の人気ゲームもラインナップされているので飽きずに楽しめています。

楽しすぎて専用のコントローラーも買っちゃいました!

友達と家で楽しむのにもぴったりですし、いちいちゲームソフトを買わなくてもいいのが嬉しいですよね。

ミラーリングでiPhoneに保存した動画が見られる

AppleTV_ミラーリング
iPhoneからミラーリングも簡単にできるので、iPhoneで見ている配信ライブ映像もテレビに映すことができます。

Youtubeで見つけた面白い動画を友達に見せるときなんかも、スマホで開いてすぐにテレビに映せるので、ものすごく便利ですよ!

友達と遊んだ時に撮影した動画や旅行の思い出なんかもテレビの大画面で楽しめるのが良いですよね。

iPhoneから写真や動画・アプリの画面をテレビに出力できるって、思っている以上に便利なのでApple TVを購入したら絶対に利用して欲しいです!

iCloud上の写真をテレビで共有できる

AppleTV_icloud
Appleが提供するクラウドサービスiCloudについても、Apple TVからアクセスすることができます。

iCloudに保存した写真や動画をテレビに映し出すことができるので、友達や家族と思い出の写真をみながら楽しむことができます。

パーティーをする際や恋人とのおうちディナーを楽しむ際にも、テレビの大画面でお部屋を彩る写真や動画を映し出して良い雰囲気にすることもできちゃいます!

Apple TV(アップルtv)利用者の口コミ

ここでは、Apple TVを実際に利用している方の口コミを紹介していきます。

Apple TVユーザーのリアルな声をみながら参考にしていきましょう

\AppleTVがレンタル可能!/

Apple TV(アップルtv)とFire TV Stickの違いは?


Apple TVとFire TV Stickは共にテレビと接続して、映画などの動画が楽しめるデバイスとして共通していますが、以下の点で違いがあります。

  • AirPlay(画面共有)ができるのはAppleTVのみ
  • 価格はFire TV Stickの方が安い
  • 動作性能などはApple TVの方がハイスペック
  • AppleTVはAirPodsのベアリング不要
  • ゲームができるのはApple TVのみ

では、違いについて1つずつ詳しく見ていきましょう。

AirPlay(画面共有)ができるのはAppleTVのみ

機能面の違いとして目立つのは「AirPlay(画面共有)の有無」と言えるでしょう。

AirPlay(画面共有)は、Apple TVでしか利用できない機能でもあるため、iPhoneやiPad、MacといったApple製品を使っている方は、Apple TVの方が便利に使えます。

Apple製品と連携しながらより便利に動画や音楽、写真などを楽しみたい場合は、Apple TVがおすすめです。

アカウントもApple ID1つで済ませられるので、余計な手間もかかりません。

価格はFire TV Stickの方が安い

価格についてはApple TVが2万円近くするのに対して、Fire TV Stickは上位機種でも7,000円程度で購入できます。

単にテレビで動画配信サービスを楽しむだけであれば「Fire TV Stick」の方がコスパは高いと言えるでしょう。

動作性能などはApple TVの方がハイスペック

画質や音響、CPUの性能など全体的なスペックについては、Apple TVの方がハイスペックです。

操作の快適性やストレスのない動画視聴やゲームプレイが楽しめるので、コンテンツをより楽しむことができるでしょう。

AppleTVはAirPodsのベアリング不要

Apple TVは、AirPodsとベアリングせずに連携することができます。

余計な手間なく、イヤホンを接続できるのでシームレスで快適な利用が可能になります。

ゲームができるのはApple TVのみ

アプリゲームやApple Arcadeといった定額サービスなど、ゲームがプレイできるのはApple TVのみです。

ゲームを楽しむかどうかは人にもよりますが、動画以外もさまざまなコンテンツを楽しみたい方はApple TVがおすすめです。

Apple TV 4KとApple TV HDの違いは?

Apple TV 4K(第3世代)とApple TV(第2世代)の違いは?

現行のApple TV 4K(第3世代)とApple TV(第2世代)では、スペック面でさまざまな違いがあります。

性能は異なるのですが、価格としてはそこまで変わらないので今買うのであれば最新のApple TV(第3世代)がおすすめです。

では、どんな違いがあるのか、表にまとめましたので比較する参考にしてみてください。

モデル Apple TV 4K(第3世代)64GB Apple TV 4K(第3世代)128GB Apple TV 4K(第2世代)32GB/64GB
価格 19,800円(税込) 23,800円(税込) 21,800円/23,800円(税込)
発売日 2021年5月21日 2022年11月4日 2022年11月4日
サイズ 35×98×98 mm 31×93×93 mm 31×93×93 mm
重量 425g 208g 214g
CPU A12 Bionicチップ A15 Bionicチップ A15 Bionicチップ
リモコン Siri Remote(第2世代) Siri Remote(第3世代)※USB Type-C Siri Remote(第3世代)※USB Type-C
オーディオ Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
解像度 4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
HDR Dolby Vison
HDR10
HLG
Dolby Vison
HDR10+
HDR10
HLG
Dolby Vison
HDR10+
HDR10
HLG
Wi-Fi Wi-Fi 6
MIMO対応
Wi-Fi 6
2×2 MIMO対応
Wi-Fi 6
2×2 MIMO対応
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
対応端子 HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet
HDMI 2.1(eARC) HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet

Apple TV 4K(第3世代)では、本体容量が増量されており、CPU性能もかなり向上しています。

本体サイズはよりコンパクトになり、性能の向上と使いやすさが増しています。

リモコンはLightningからType-C端子に変更されたため、ケーブルとの相性も良くなりました。

また、Apple TV 4K(第3世代)64GBでは、有線接続機能が廃止されたため、無線接続のみでの利用になります。

Apple TVがおすすめな人

Apple TVがおすすめなのは以下のような人です。

  • iPhoneやiPadなどのApple製品を利用している人
  • iTuneを通じて動画をレンタルしている人
  • Apple TVを通じてゲームを楽しみたい人

iPhoneやiPadといったApple製品を持っている方は、Apple TVで動画を楽しみながらAirPlayで連携して写真や音楽を楽しむといった使い方ができます。

また、Macなどを通じてiTunesから動画をレンタルしているのであれば、Apple TVから便利に楽しむことができるでしょう。

また、その他のデバイスと比較してApple TVではゲームがプレイできるという特徴があります。

Apple TVで「Apple TV+」を視聴する方法


Appleで提供されている動画配信サービス「Apple TV+」について紹介していきます。

Apple TVは「デバイス」、Apple TV+は「動画配信サービス」という違いもあるので、その違いを前提にした上で使い方を把握していきましょう。

ここでは、Apple TV+の登録方法や視聴方法、解約方法を解説します。

登録方法

Apple TV+に登録する方法は以下の通りです。

  1. Apple TVのホーム画面から「Apple TV」アプリを起動する
  2. 「今すぐ観る」を選択する
  3. 「無料で体験する」または「1年間体験する」を選択する
  4. 「確認」を選択する
  5. 無料トライアルがスタートする

初回利用の場合は無料トライアルが利用できます。

Apple製品を購入した方は1年間の無料体験期間が利用できる場合もあります。

視聴方法

Apple TV+で動画を視聴する方法としては以下の通りです。

  1. Apple TVホーム画面から「Apple TV」アプリを起動する
  2. 「今すぐ観る」から「Apple TV+」チャンネルを選択する
  3. 再生したい動画を選択する
  4. 視聴開始

解約方法

Apple TV+を解約する方法としては以下の通りです。

  1. Apple TVのホーム画面から「設定」アプリを起動する
  2. 「ユーザおよびアカウント」を選択する 
  3. 「〇〇のアカウント」を選択する 
  4. 「サブスクリプション」を選択する
  5. 「Apple TV+ – チャンネル」を選択する
  6. 「サブスクリプションをキャンセルする」を選択する

Apple TV(アップルtv)はレンタルも可能

AppleTVサムネ
Apple TVは気になっているけど20,000円近くの出費をするのは気が引けるとお考えの方も多いかもしれません。

やっぱり実際に使ってみないとわからないことって多いので、いきなり購入するのは迷ってしまうはずです。

そこでおすすめなのがApple TVのレンタルサービスです。

さまざまなサービスでApple TVのレンタルに対応していますし、1ヶ月当たり3,000〜5000円といった相場なので気軽に利用できますね。

実際にApple TVを試してみて気に入ったら買い取ることができるサービスもあります。

「いろいろと使ってみてから判断したい」と言う方は、Apple TVのレンタルサービスを利用してみましょう!

\AppleTVがレンタル可能♪/

タイトルとURLをコピーしました