ミラーレス一眼

FUJIFILM X-T100をレンタルをした口コミ・評価を見てみよう!

ミラーレス一眼

今持っている一眼レフが重たかったため、旅行で持ち運べて、画質もきれいなミラーレスを探していたらFUJIFILMの「X-T100」にたどり着きました。

X_T100_本体

今回は、実際にレンタルしてみた感想と、「X-T100」の魅力をご紹介します!

富士フイルム X-T100をレンタルしてわかった魅力

結論から言って、富士フイルムX-T100はとても使いやすかったです。
私的に特にナイスだったポイントはこちら。

  • 軽くてコンパクト
  • 自撮りがしやすい
  • 見た目がクラシックで可愛い

そしてスペックはこちら。

商品名 富士フイルム X-T100
サイズ(H×W×D) 83㎜×121mm×47.4mm
重さ 約448g
画素数 2,424万
撮影可能枚数 約430枚
Wi-Fi
NFC ×
Bluetooth
レンタル
4泊5日~

では、どれぐらい使いやすかったのか詳しく説明していきます!

富士フイルム X-T100の魅力①使いやすさ・初心者にも◎

富士フイルム X-T100は、2018年6月に発売されたエントリーモデルのミラーレス一眼カメラです。

コンパクトモデルで重量が448gしかありません。
持ち歩いても疲れにくい大きさですので、携帯性も抜群で日常生活の一部にカメラを持ち運ぶことができます。

コンパクト_X-T100

サイズは小さいですが、大型のAPSセンサーを搭載していることで高画質な写真撮影も可能◎

センサーだけでなく、機能についても、4K連写機能・内蔵フラッシュ・Bluetoothを使用してスマートフォンと接続することで写真の自動転送を行うこともできます。

ミラーレス一眼カメラ初心者にも操作がしやすく、便利な機能が多いのが特徴です。

富士フイルム X-T100の魅力②シンプルで人気のあるデザイン

コンパクトサイズの他にも、シンプルなデザインが富士フイルム X-T100の魅力です。

カラーバリエーションは、「ダークシルバー」「ブラック」「シャンパンゴールド」の3色で、どのカラーも落ち着いているのが特徴です。

使用する年代も幅広く使えるのが、人気の理由となっています。

富士フイルム X-T100の魅力③自撮りしやすい

ミラーレス一眼カメラでも自撮りを行いたいのであれば、3方向チルト式の3インチ大型背面液晶が便利です。

X-T100_セルフィ―

背面のモニターを思い通りに動かすことができるだけでなく、タッチパネルと組み合わせると使い勝手の良いモニターとなります。

また、専用のアプリを使用することで、スマートフォンで操作できるようになるので、カメラのシャッターを押さなくても操作できます。

スマートフォンの写真よりも簡単に高画質な写真を楽しめます。

富士フイルム X-T100の魅力④アドバンスフィルター

アドバンスフィルターを使用することで、簡単にフィルター効果を加えたユニークな写真にできるのが富士フイルム X-T100の魅力です。

アドバンスフィルターは17種類から選ぶことができて、トイカメラやパートカラーなどそれぞれ特徴のある写真へ変化させられます。

撮影した瞬間にフィルターがかかるので、すぐにフォトジェニックな1枚を撮れて各種SNSへアップロードをすることができますよ。

こちらは「トイカメラ」フィルターで撮影しました。レトロな色合いが素敵ですよね◎

X-T100_トイカメラ

おしゃれな写真を撮りたい方におすすめの機能です。

富士フイルム X-T100の魅力⑤連写に強い大容量メモリ

富士フイルム X-T100は、大容量メモリで連写時も余裕があるので、狙ったシーンを撮り損ねることが少なくなります。

そして、「主要被写体認識」という画面内の被写体を自動認識で追従する機能が新しく搭載されています。

富士フイルム X-T100の価格(中古含む)は?

現在(2020年8月時点)での富士フイルム X-T100の価格は、最安値が74,800円となっています。
最高値の場合も、80,800円となっていますので、現在はそこまで価格差がない状況となっています。

価格を抑えたい場合は、中古品を狙うこともできます。
中古品の場合の価格は、49,800円となっています。
購入する予算に応じて新品を購入するか、新品を購入するか決めてください。

<<レンタルだと4泊5日~!>>

富士フイルム X-T100を☆で評価してみた

ここからは、富士フイルム X-T100を8つのポイントで評価します。
評価するポイントは、下記の通りです。

  • 見た目(デザイン)
  • 使いやすさ
  • 画質
  • 携帯のしやすさ
  • ホールド感覚
  • 液晶
  • バッテリーの持ち
  • ユーザーの満足度(総評)

わかりやすく☆で評価するので参考にしてみてください。

見た目(デザイン)★★★★★


どのカラーを選んでも落ち着いているので、どの世代にも使いやすいミラーレス一眼カメラが富士フイルム X-T100です。
どんな服装ににも合わせやすいので、外に持ち運びたくなるカメラです。

使いやすさ★★★★☆

初心者に扱いやすいのが富士フイルム X-T100です。ファインダーだけでなく、液晶でも撮影をすることができて、場所を選ばずに写真撮影が楽しめます。
また、背面液晶はタッチパネルでピントの位置を変更できます。

画質★★★★★


富士フイルム X-T100の特徴は、同等クラスのミラーレス一眼に比べて画素数が高い所です。

富士フイルム X-T100の画素数は約2,430万画素となっていて、使用ユーザーの多いCannon EOS Kiss Mは約2,410万画素。
画素数で比べるのであれば、富士フイルム X-T100の方が優秀です。

撮った写真を比べてみても色味も鮮やかに撮影が可能で、ミラーレス一眼の中でもトップクラスの写りとなっています。

携帯のしやすさ★★★☆☆


富士フイルム X-T100は、ミラーレス一眼カメラのため一眼レフに比べて持ち運びのしやすいカメラとなります。
本体重量は、バッテリーが入って撮影できる状態で約448g。

しかし、コンパクト性能を求めるのであれば、他のメーカーのミラーレス一眼に比べると本体サイズが大きくなります。

オリンパス PENは約374g、Cannon EOS M100は約302gとなっており、携帯性で選ぶ場合は他の機種と見比べることをおすすめします。

ホールド感覚★★☆☆☆


カメラの撮影時のホールド感を大切にする方は、購入前に使用感を確認することをおすすめします。富士フイルム X-T100は、121(幅)×83(高さ)×47.4(奥行き)mmと本体サイズの大きさは小さいですが、グリップ部分がありません。

付属している部品でグリップ部分を外付け可能ですが、カメラを使用するときにはカメラストラップの使用が必須になりそうです。

液晶★★★★★


自撮りを楽しむ方に重宝されているのが、富士フイルム X-T100に採用されている3方向チルト式タッチパネル背面液晶です。

自撮りをするときに便利に使えるのはもちろんのこと、可動域が優れているので、ファインダーを覗くのが難しい角度で撮影するときにもサポートできます!

大人数で液晶を見ながら写真撮影を行いたい場合や、本格的に写真を楽しみたい場合にも使い勝手が良いですよ◎

バッテリーの持ち★★★★☆

富士フイルム X-T100は、標準撮影枚数が約430枚。動画で利用するときには、実撮影電池寿命は4k動画で90分となっています。

1日屋外で利用する場合は、大事なシーンを逃さないためにも予備のバッテリーを持っていた方が安心です。

ちなみに、屋外で5時間程動画撮影や静止画撮影をしましたがバッテリーは1個しか減っていませんでした。

X-T100の満足度(総評)★★★★☆

富士フイルム X-T100は、富士フイルムのエントリーミラーレス一眼として、富士フイルムでしか味わうことができない鮮やかな発色を堪能できます。

文字や輪郭もシャープに写るので、はっきりとした写真を撮れるのが特徴。
また、操作性も良くデザインもレトロ感があり、世代関係なく人気なカメラです◎

同価格帯のカメラに比べて撮影感度が高いのが特徴で、夜景や暗所撮影はトップクラスで綺麗に撮影できます。
X-T100_夜景

富士フイルム X-T100は大勢のユーザーからも評価が高い!

今回は、エントリーモデルとしておすすめの富士フイルム X-T100をご紹介しました♪

富士フイルム X-T100は、操作も簡単で自撮りも行いやすいので、旅行などでミラーレス一眼の購入やレンタルを考えている方におすすめします。

\富士フイルム X-T100はこちら!/

タイトルとURLをコピーしました