カメラ

Vlog用カメラおすすめ12選!ご利用シーン別におすすめな1台を厳選

カメラ

日々の生活や趣味の動画を撮影してSNSやYoutubeに投稿するため、Vlog用カメラを探している人も多いのではないでしょうか。

しかし、Vlogに使えるカメラにもさまざまな種類があり、特徴が大きく異なるので自分に合うものを選ぶ必要があります。

そこで今回はVlog用カメラのおすすめ商品を紹介していきます◎

  1. Vlog用のカメラでおすすめはある?
  2. Vlog用のカメラでおすすめは?使用シーン別にご紹介
  3. Vlogで使えるカメラの種類は?
    1. ミラーレス一眼
    2. コンデジ
    3. 一眼レフカメラ
    4. アクションカメラ
    5. スマホ+シンバル
  4. Vlog用カメラを選ぶポイントは?
    1. カメラの画質をチェック
    2. カメラだけでなくマイク機能にもこだわろう
    3. 旅行やイベントで使うならサイズと重量をチェック
    4. 広角レンズや顔認識AF、手ぶれ補正などの撮影機能
    5. スマホとの連携機能があればライブ配信が楽しめる
  5. Vlog用カメラのおすすめ12選を紹介
    1. 臨場感あふれるシーンならGoPro HERO8 BLACK
    2. 自然の中でとにかくタフさを求めるならOsmo Action
    3. 子供やペットの動きをキャッチしたいならSONY α6600
    4. 写真も動画もクオリティを求めるならEOS-1D X Mark II
    5. コンパクトで旅行にも携帯するならSONY サイバーショット RX100VI(DSC-RX100M6)
    6. きれいな映像を取り入れたいならSONY α7Ⅲ
    7. 作り込まない自然なVlogが作りたいならDJI OSMO POCKET
    8. 簡単にVlogを楽しみたいならSONY「VLOGCAM ZV-1」ZV-1G シューティンググリップキット
    9. 持ち運んでハイクオリティな撮影がしたいならDJI Pocket 2 OP2CP1
    10. 初心者から上級者までハイクオリティな撮影が可能なPanasonic LUMIX G100 VLOG DC-G100V-K
    11. スマホでVlog撮影を始めたいならDJI OM 4 OM4CP1
    12. Panasonic LUMIX GH5 DC-GH5M-K
  6. Vlog用カメラのおすすめ12選のスペック表まとめ
  7. Vlog用カメラのおすすめからお気に入りを見つけよう!

Vlog用のカメラでおすすめはある?

Youtubeなどの動画投稿サイトでのVlog撮影に適したカメラは、求めるクオリティによって大きく異なるでしょう。

そこまで作り込みをしない自然なVlogを撮影するのであれば、スマホカメラやコンデジでも十分といえます。

よりきれいな映像を撮影してVlogを制作したいのであればCinematic Vlogに対応できる一眼レフやミラーレスカメラといった選択肢もあるでしょう。

また、普通のカメラには備わっていないVlog向けの機能を搭載した商品もおすすめです。

Vlogのスタイルや撮影シーンなど、それぞれ異なると思いますので、目的に合致したカメラを使ってイメージ通りのVlog制作ができるようにしてみてください。

Vlog用のカメラでおすすめは?使用シーン別にご紹介

では、Vlog用カメラのおすすめ商品を紹介していきます。

カメラごとの注目機能やスペックはもちろんですが、「どのようなVlogを撮影するのか」という視点でもカメラの特徴を紹介していきます。

シーン別に適したカメラを厳選したので、お気に入りの1台を見つけてみてください!

Vlogで使えるカメラの種類は?

Vlog_おすすめ_カメラ
Vlogで使えるカメラの種類としては以下の5つが挙げられます。

  • ミラーレス一眼
  • コンデジ
  • 一眼レフカメラ
  • アクションカメラ
  • スマホ+シンバル

カメラの種類によって特徴が大きく異なるので、Vlogのテーマや撮影方法に応じて自分に合うものを選んでみてください。

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼は、画質などの撮影スペックの高さに加えて携帯性に優れるコンパクトさなど、Vlogの撮影をする上でバランスの整ったカメラの種類と言えるでしょう。

4K画質といったクオリティの高い動画撮影ができるタイプもありますし、一眼レフ並みの撮影機能を持っているので、よりこだわりのある方にも満足のいくクオリティを実現するでしょう。

家の中や旅行先、イベントなど、あらゆるシーンでクオリティの高いVlog撮影ができます。

コンデジ

コンデジは、携帯性を重視したタイプのカメラでポケットに収まるほどのサイズなのが魅力です。

旅行先やイベントに参加する際でも、カバンの中のスペースを取らないので荷物の心配をすることもありません。

撮影したいと思った時にサッと取り出して撮影ができる手軽さも魅力です。

撮影スペックについても一眼レフほどではありませんが、ズーム機能などは優れているので動画撮影でも便利に使えるでしょう。

一眼レフカメラ

一眼レフカメラは、クオリティにこだわりのある方におすすめのカメラの種類です。

4Kや8Kといった高画質による動画撮影が可能なモデルが多く、レンズ自体のスペックも高いので、画質だけでなく明るさや色合いなども微調整して、プロ並みの動画を撮影することもできます。

サイズは大きく携帯性はありませんが、とにかくクオリティの高いVlogが撮影したい場合にはこちらがおすすめです。

アクションカメラ

アクションカメラは、動きのある迫力満点な動画を撮影したい方におすすめのカメラです。

コンパクトでさまざまな場所に固定したり、手に持ってダイナミックな動画が撮影できます。

手ぶれ補正機能に優れているので、大きく揺れても安定した撮影が可能になっていますし、画角も広いので臨場感あふれる動画を雄大に撮影することができるでしょう。

スポーツやさまざまなアクティビティでVlogを撮影したい人におすすめです。

スマホ+シンバル

ジンバル_vlog
スマホカメラで手軽にVlogの撮影を始めたい人はシンバルを購入してみましょう。

自撮り棒のような感覚で使いやすく、手に持って固定した状態で撮影することができます。

移動しながらの自撮り撮影にも向いているので、旅行や街歩き系のVlogを撮影したい方にもおすすめです。

Vlog用カメラを選ぶポイントは?

GoPro_HERO_9_口コミ
Vlog用のカメラを選ぶポイントについては以下の5点をチェックしてみてください。

  • カメラの画質をチェック
  • カメラだけでなくマイク機能にもこだわろう
  • 旅行やイベントで使うならサイズと重量をチェック
  • 広角レンズや顔認識AF、手ぶれ補正などの撮影機能
  • スマホとの連携機能があればライブ配信が楽しめる

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

カメラの画質をチェック

動画撮影で使用するカメラなので画質スペックのチェックを忘れずに行っておきましょう。

画質にこだわる方であれば4Kに対応したカメラがおすすめですが、データ容量も大きくなるので、大容量のSDカードやハイスペックな編集用パソコンが必要です。

手軽にVlog撮影を楽しむのであればフルHD程度の画質でも十分です。

撮影・編集・配信する環境に応じて、最適な画質スペックを持つカメラを選んでください。

カメラだけでなくマイク機能にもこだわろう

Vlogでは映像だけでなく、トークの録音をする場合も多いです。
カメラにマイクが内蔵されているタイプであれば、撮影をしながら音声も録音できます。

外付けマイクを取り付けられるタイプであれば、よりクオリティの高い録音が可能ですし、環境音や周辺の音も拾いたい場合には、無指向性のマイクを選ぶなど、シーンに応じてマイクにもこだわってみましょう。

旅行やイベントで使うならサイズと重量をチェック

旅行やイベントなど屋外でカメラを持ち歩いてVlogの撮影をする場合には、カメラのサイズや重量もチェックしましょう。

求める撮影スペックにもよりますが、歩き回って撮影をするのであればコンパクトで軽量なカメラがおすすめです。

手軽にサッと撮影を楽しむのであればコンデジやスマホカメラなど、荷物にならないタイプのカメラもおすすめです。

広角レンズや顔認識AF、手ぶれ補正などの撮影機能

カメラに備わっている撮影機能にも注目してみてください。

例えば、雄大な風景を撮影したい場合には、広角レンズが搭載されたカメラがおすすめです。

自撮りをしながらVlog撮影をするのであれば、顔をクリアに撮影できる顔認識AFや美顔機能があると便利です。

歩き回りながらの撮影や動きのあるダイナミックな動画を撮るのであれば、手ぶれ補正機能に優れたカメラを選んでみましょう。

スマホとの連携機能があればライブ配信が楽しめる

カメラとスマホをWi-FiやBluetoothで接続できる機能があれば、撮影をしながら配信ができるなど、楽しみ方の幅が広がります。

撮影した動画を編集してから投稿するのか、撮って出しのライブ感を楽しみたいかによって、スマホ連携機能の有無をチェックしてみましょう。

Vlog用カメラのおすすめ12選を紹介

カメラ_レンタル_おすすめ
ここからはVlog用カメラのおすすめ12選を紹介していきます。

今回ご紹介するのは以下の12商品です。

  • GoPro HERO8 BLACK
  • Osmo Action
  • SONY α6600
  • EOS-1D X Mark II
  • SONY サイバーショット RX100VI(DSC-RX100M6)
  • SONY α7Ⅲ
  • DJI OSMO POCKET
  • SONY「VLOGCAM ZV-1」ZV-1G シューティンググリップキット
  • DJI Pocket 2 OP2CP1
  • Panasonic LUMIX G100 VLOG DC-G100V-K
  • DJI OM 4 OM4CP1
  • Panasonic LUMIX GH5 DC-GH5M-K

それぞれの商品の特徴やおすすめポイントを詳しく見ていきましょう。

臨場感あふれるシーンならGoPro HERO8 BLACK

gopro8外観
アクションカメラでお馴染みの「GoPro」でラインナップされている最新モデル「HERO 8 Black」は、コンパクトなボディで機動性抜群ながら、美しい動画を撮影できるハイスペックカメラです。

動画の解像度は4Kに対応しており、フレームレートは60fpsと進化を遂げています。

水中での撮影も可能で、10mまでの潜水に対応しています。手ぶれ補正にはHypersmooth 2.0を採用しているので、激しいアクションもクリアに撮影することができます。

ブーストやアプリで調整ができる水平維持機能など、動きのある臨場感あふれるVlogを撮影したい方にぴったりのカメラとなっています。

「GoPro=アクションカムっていうのは知っているけど、意外に種類が多くて悩む…」という方であれば「GoPro HERO8 BLACK」がおすすめです。

\7泊8日5,800円~レンタル可能!/

自然の中でとにかくタフさを求めるならOsmo Action

osmoaction
アウトドアシーンでタフに使いたい方におすすめなのがドローンでお馴染みのDJIからラインナップされている「Osmo Action」です。

アクションカメラながらも動画撮影の画質は4K/HDRに対応したハイスペックな商品で、コンパクトなボディはどこに持ち運んでも邪魔になりません。

激しい動きを撮影する際も手持ちはもちろん、さまざまな場所に取り付けて斬新な角度から魅力的な映像を撮影できます。

本体の前面・背面にモニターが搭載された「デュアルスクリーン」になっているので、自撮りの際も便利です。

手ブレ補正機能「RockSteady」を内蔵しているので、激しいアクションにも向いています。

さらに、自然でのタフな利用をコンセプトにしていることもあり、防塵・防水・耐衝撃性能は抜群。

撮影中に設定できる「スローモーション」や「タイプラプス」「カスタム露出設定」やスマホアプリで撮影したライブ映像をの制御やクイック編集など使いやすさに加えて、さまざまな演出が可能になったカメラです。

\7泊8日3,800円~レンタル可能!/

子供やペットの動きをキャッチしたいならSONY α6600

α6600_外観
遊んでいる子供の風景や日常生活を撮影してVlogを作る方なら、撮影機能に優れたミラーレス一眼の「SONY α6600」がおすすめです。

ペットや子供の不規則な動きでも瞬時に捉えることができるので、日常風景をより高画質に撮影したい場合にはこういったタイプのカメラを選ぶと良いでしょう。

スペック的にも、有効画素数は2,420万画素という高画質な撮影が可能で、4K動画撮影にも対応しています。

バッテリーも長持ちで約140分もの動画撮影が可能です。ボディに手ぶれ補正機構が搭載されているため、手ブレ補正がついていないレンズでもクリアな撮影ができるようになっています。

背面のモニターには、タッチパッドが搭載されており、画面に写った被写体をタッチするだけで自動追尾も可能です。

高機能ながらも初心者でも扱いやすいストレスフリーな撮影が楽しめるモデルとなっています。

写真も動画もクオリティを求めるならEOS-1D X Mark II

EOS-1D_X_Mark_II
よりハイクオリティな撮影機能を求めるのであればキヤノンからラインナップされている一眼レフ「EOS-1D X Mark II」がおすすめです。

静止画撮影だけではなく、動画撮影機能にも優れたハイエンドモデルで、4K/60pという高画質かつ滑らかな動画が撮影できます。

AFの反応速度も抜群で、動きのある被写体でもクリアに追い続けられるので、隙のない動画が撮影できるでしょう。

120fpsというスローモーション撮影にも対応しているので、決定的瞬間をスロー演出で美しく魅力的に演出できるのもポイントです。

表情や筋肉の躍動など細かい動きまでしっかりと捉えるハイスペックさが魅力で、動画はもちろんVlogに静止画も加えたいという人にもおすすめです。

ハイクオリティなVlog撮影機能を求める方にぴったりな、プロ並みのスペックを有したカメラです。

コンパクトで旅行にも携帯するならSONY サイバーショット RX100VI(DSC-RX100M6)

Cyber-shot_RX100VI
いろいろな場所にカメラを持って行ってVlog撮影をするだけでなく、さまざまなシーンでの撮影に便利なのが「SONY サイバーショット RX100VI(DSC-RX100M6)」です。

コンデジながらも有効画素数は2,010万画素と申し分なく、高倍率ズームや画像処理エンジン「BIONZ X」による解像感と低ノイズが魅力です。

オートフォーカス機能もスムーズで、ソニー独自の光学式手ぶれ補正機構を搭載しているため、ブレやすい望遠での撮影もクリアに行えます。

あらゆるシーンで使いやすく、スペックも十分にも関わらずお求めやすい価格も魅力で、コスパの高さに定評があります。

マルチなシーンで使えるコンパクトなデジタルカメラを求めている方は「SONY サイバーショット RX100VI(DSC-RX100M6)」を選んでみてください。

\7泊8日18,800円~レンタル可能!/

きれいな映像を取り入れたいならSONY α7Ⅲ

α7Ⅲ
とにかく美しい映像を撮りたい方はプロユースでも使えるスペックを有したSONYのミラーレス一眼「SONY α7Ⅲ」がおすすめです。

4K/30pの動画撮影が可能で、FHDは120pというハイフレームレートによる5倍のスローモーション撮影が可能です。

HDRの規格であるHLD(ハイブリットログガンマ)撮影にも対応しており、妥協のない美しい撮影が静止画・動画問わず行えます。

全ての撮影機能が研ぎ澄まされたハイエンドモデルなので、利用者は限られますが充実したスペックは価格以上の価値があるでしょう。

\レンズもセットで4泊5日1,5000円~レンタル可能!/

作り込まない自然なVlogが作りたいならDJI OSMO POCKET

OSMO_POCKET
作り込まない自然なVlogを作りたい方は手持ちで撮影可能なアクションカメラの「DJI OSMO POCKET」がおすすめです。

カメラと手持ち用のスティックが一体になった特徴的な形状となっています。

撮影スペックも十分で3軸シンバルによる手ブレ補正は被写体の動きをリアルタイムで調整し、スムーズな動画撮影を可能としてくれます。

100Mbpsの4K動画や1.55μmのピクセルサイズの12MP撮影もできるなど、小さなボディからは想像できないスペックが搭載されています。

手持ち撮影で気取らないVlog撮影を求めているなら「DJI OSMO POCKET」がおすすめです。

\7泊8日3,800円~レンタル可能!/

簡単にVlogを楽しみたいならSONY「VLOGCAM ZV-1」ZV-1G シューティンググリップキット


SONYがラインナップしているVLOGCAM ZV-1は、自撮りのVlogで主役が映えるワンタッチ機能「背景ボケ」や商品レビューが簡単に行える「商品レビュー用設定」など、ユニークで分かりやすい機能が搭載されているカメラです。

持ち運びやすい軽量なボディで持ちやすさもあるので歩きながらのVlog撮影にもおすすめです。

画質も良く高いクオリティの撮影も楽しめますし、薄暗い場所でも常に顔の明るさをキープしてくれるので、顔をはっきり綺麗に撮影したい方にもおすすめです。

持ち運んでハイクオリティな撮影がしたいならDJI Pocket 2 OP2CP1


DJI Pocket 2 OP2CP1は、ポケットに入れて持ち運べるほどのコンパクトさが魅力のカメラです。

軽量かつ片手に持てるほどのサイズ感なのに、4K画質による動画撮影に対応してスペックの高さも魅力ですし、高性能な手ぶれ補正も使えるので動きのある撮影にも向いています。

録音機能にも優れており、編集が苦手な人でも使いやすいAI編集も魅力的です。

初心者から上級者までハイクオリティな撮影が可能なPanasonic LUMIX G100 VLOG DC-G100V-K


Panasonic LUMIX G100 VLOG DC-G100V-Kは、自撮りから映画のようなハイクオリティ撮影まで幅広いシーンで便利に使える軽量なミラーレス一眼です。

ミラーレス一眼にトライボットグリップがセットになっているので、Vlogの撮影も簡単に始められます。

狙った音を集音できる「OZO Audio by NOKIA」が採用されており、自分の声もクリアに録音できます。

4K30fpsによるハイクオリティな動画撮影やSNSなどでのアスペクト比に対応した撮影フレームを設定できるなど、ネット上への投稿を意識した機能も盛りだくさんです。

スマホでVlog撮影を始めたいならDJI OM 4 OM4CP1


DJI OM 4 OM4CP1は、スマホを固定して撮影ができるシンバルで、コンパクトで使いやすいのが特徴です。

ジェスチャー操作や専用アプリを使った操作など高い性能と信頼性があるのも魅力ですし、安定したブレのない撮影を行うことができます。

持ち運びに適しているので、歩き回っての撮影や街歩きや旅行先でのVlogを楽しみたい人におすすめです。

Panasonic LUMIX GH5 DC-GH5M-K


Panasonic LUMIX GH5 DC-GH5M-Kは、シリーズ史上最高の高品位写真画質を実現したミラーレス一眼で、ハイクオリティな撮影が楽しめる商品です。

映像制作の現場でも使えるほどのクオリティが魅力で、4K60fpsによる高精細で滑らかな動画撮影が可能になっています。

空間認識AFによるレスポンスに優れたオートフォーカスも魅力ですし、手ぶれ補正機能もハイスペックなので移動しながらの撮影にも向いています。

とにかく動画クオリティにこだわった撮影がしたい人におすすめのカメラです。

Vlog用カメラのおすすめ12選のスペック表まとめ

今回ピックアップしたおすすめVlog用カメラのスペック表を一覧でまとめたのでご覧ください。

商品名 GoPro HERO8 BLACK Osmo Action SONY α6600 EOS-1D X Mark II SONY サイバーショット RX100VI(DSC-RX100M6) SONY α7Ⅲ DJI OSMO POCKET SONY「VLOGCAM ZV-1」ZV-1G シューティンググリップキット DJI Pocket 2 OP2CP1 Panasonic LUMIX G100 VLOG DC-G100V-K DJI OM 4 OM4CP1 Panasonic LUMIX GH5 DC-GH5M-K
画像 GoPro-HERO8 osmo-action /sony-α6600 EOS-1D_X_Mark_II Cyber-shot_RX100VI α7Ⅲ OSMO_POCKET DJI_Pocket_2 Panasonic_LUMIX_G100_VLOG_DC-G100V DJI_OM_4 LUMIX_DC-GH5
カメラのタイプ アクションカメラ アクションカメラ ミラーレス一眼 一眼レフ コンデジ ミラーレス一眼 シンバル ミラーレス一眼 シンバル ミラーレス一眼 シンバル ミラーレス一眼
サイズ 66.3×48.6×28.4 mm 42×65×35mm 66.9×120.0×69.3mm 158×167.6×82.6 mm 101.6×58.1×42.8 mm 95.6×126.9×73.7mm 121.9×36.9×28.6 mm 60.0×105.5×43.5mm 124.7×38.1×30mm 82.5×115.6×54.2mm 276×119.6×103.6mm 98.1×138.5×87.4mm
重量 126 g 124g 418g 1340 g 301g 650g 116 g 294g 117g 303g 390g 725g
有効画素数(画質) 4K 1,200万画素 2420万画素 2020万画素 2010万画素 2420万画素 1,200万画素 2010万画素 830万画素 2030万画素 2033万画素
Wi-Fi/Bluetooth ◯/◯ ◯/◯ ◯/◯ ×/× ◯/× ◯/× ◯/◯ ◯/◯ ◯/◯ ◯/◯ ×/◯ ◯/◯

Vlog用カメラのおすすめからお気に入りを見つけよう!

sonyαⅢ_vlog
ここまで撮影シーンや目的ごとにVlog用カメラを見ていきましたが、お気に入りの1台は見つかったでしょうか。

「どれを買っていいかわからない!」とお悩みの方は、あらゆる撮影シーンに対応できて撮影機能も抜群な「GoPro HERO8 Black」をレンタルで試してみるのはいかがでしょうか?

自分がどのようなVlogを撮影するのか、撮影に求めるスペックはどれぐらいなのかをイメージしながらぴったりのカメラを購入してみてください。

タイトルとURLをコピーしました