その他

【2022】おすすめのUSB Type-Cハブ11選!製品の選び方もご紹介

その他

「使っているパソコンのUSBポートが足りないから、USB Type-Cハブが欲しいな。でも、製品の種類が多すぎてどの製品が良いのかさっぱりわからない……。」

このような悩みを持っている方が多いはずです。

見た目も似たようなものばかりですし、自分だけでUSB Type-Cハブを選ぶのはなかなか心が折れますよね。

そこで、本記事ではおすすめのUSB Type-Cハブ11選をご紹介!

シンプルなものから、映像出力ポートなど豊富な端子を搭載したものまで幅広く紹介していきます。

\アンカー PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブはレンタル可能!/

USB Type-Cハブとは?


USB Type-Cハブというのは、USB Type-C端子を搭載したUSBハブのこと。

パソコンなどのデバイスに接続することで、複数のUSBポートを使えるようになります。

また、製品によってはSDカードスロットやHDMI、有線LANなどが使えるものもあり、多くのUSBデバイスを接続する場合に重宝します。

ノートパソコンやタブレットなど、ポート数が限られているデバイスを利用している人には必須とも言えるアイテムです。

USB Type-Cハブの選び方


次にUSB Type-Cハブを選ぶ際に見るべきポイントを紹介していきます。
検討する際には以下のポイントを確認しましょう。

  • ポート数
  • USB規格
  • 接続端子の種類
  • 給電方式

それでは、それぞれのポイントについて解説していきます。

ポート数

まず確認したいのがポート数です。

もちろんポート数が多ければ多いほど、拡張性は高くなり、より多くのデバイスを接続できるようになります。

ノートパソコン単体だけで使う人にはそこまでポート数は必要ないでしょう。

逆にノートパソコンをモニターに接続して、別途キーボードとマウスを用意するような人は、多くのポート数が必要です。

ポート数が増えれば増えるほど、製品の価格も増加する傾向にあります。

自分がどのくらいの拡張性を必要としているか良く考え、最適なポート数の製品を選びましょう。

USB規格

続いて、確認したいのがUSBの規格です。

規格によって転送速度や給電容量が異なります。

各規格のスペックは以下の通りです。

USB規格名 データ転送速度 最大給電容量 形状
USB 1.0 12Mbps 2.5W ・Type-A
・Type-B
USB 1.1 12Mbps 2.5W
USB 2.0 480Mbps 2.5W
USB 3.0 5Gbps 4.5W
USB 3.1(Gen1) 5Gbps 100W ・Type-A
・Type-B
・Type-C
USB 3.1(Gen2) 10Gbps 100W
USB 3.2 20Gbps 100W ・Type-C

転送速度が速ければ速いほど、もちろんデータのやりとりにかかる時間は短くなります。
少しでも転送時間を短くしたい方はチェックしておきましょう。

なお、ケーブルで各デバイスを接続して転送する場合、ケーブルもUSB規格に対応していなければその規格の最大速度・給電容量は発揮できません。

例えば、USBハブに搭載されているUSBポートの規格がUSB3.2だったとしても、ケーブルの規格がUSB 2.0だった場合は、20Gbpsを出すことはできないというわけですね。

USBハブの規格と同様に、ケーブルの規格にも注意しましょう。

接続端子の形状・種類


次に確認したいのが、接続端子の種類です。

まず確認したいのが、USBポートにどの種類の形状が採用されているか。

USBには主に以下のような形状があります。

  • USB Type-C
  • USB Type-A
  • USB Type-B
  • USB Micro
  • USB Mini

USB端子はだんだんとUSB Type-Cに統一されているものの、まだまだType-A端子なども使われています。

自分が接続予定のデバイスに搭載されているUSBの形状を確認し、必要なものを選びましょう。

おすすめは、特に利用することが多いType-CとType-Aが搭載されているものです。

また、USB Type-CハブにはUSB端子以外の端子もよく搭載されています。
以下のような端子があると非常に便利です。

  • SDカードスロット
  • 有線LANポート
  • HDMIポート
  • イヤホンジャック

自分の用途に応じて、必要なポートが搭載されているUSBハブを選びましょう。

給電方式

次に確認したいのが、USB Type-Cハブへの給電方式です。

給電方式には以下の2種類があります。

  • バスパワー
  • セルフパワー

バスパワーは、パソコンなどのハブを接続したデバイスから給電する方式のことを指します。

ケーブル1本で給電もデータ転送も行えるため、「見た目がすっきりしやすい」「配線がしやすい」ことがメリットです。

ただ、セルフパワーに比べると、「ポート数が少ない」「各ポートの給電容量が少ない」という傾向にあります。

また、デバイスの充電をしながら使いたい場合は、別途充電アダブターも接続しなければならないため、結果的にケーブル数が増えてしまうというデメリットも。

デバイスを充電しながらUSB Type-Cハブを使うことが少ない人におすすめです。

セルフパワーはACアダプターもしくはUSB Type-Cケーブルなどでコンセントから電力を供給する方式。

使える電力がバスパワーにと比べて余裕があるため、「使えるポート数や種類が多い」という強みがあります。

また、パソコンなどの接続デバイスを充電できる製品も多く、結果的にケーブル数を減らせるという利点も。

ただ、バスパワーと比べてしまうと、「ハブ自体のサイズが大きい」ことが弱点です。

また、給電するためのケーブルやACアダプターが必要になるので、デバイスを充電しながら使わない場合は、ケーブル数が増えてしまいます。

持ち運び用ではなく、自宅用のUSB Type-Cハブを探している人におすすめです。

おすすめのUSB Type-Cハブ11選


それでは、おすすめのUSB Type-Cハブを紹介していきます。
今回紹介するのは以下の11製品です。

  • Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C ハブ
  • Dockteck 7-in-1 USB-C ハブ
  • BUFFALO USB ハブ
  • UGREEN 7-in-1 USB C ハブ
  • Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ
  • Belkin 7 in 1 USB-Cハブ
  • エレコム 6-in-1 Type-C USBハブ
  • Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C ハブ
  • エレコム USBハブ Type-C
  • CalDigit TS4 Thunderbolt4 ドック
  • Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock

それでは、各製品の特徴を紹介していきます。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C ハブ

製品名 Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C ハブ
給電方式 パスパワー/セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・有線LANポート
ケーブルの長さ 18cm
重量 114 g
レンタル

Ankerから販売されている7-in-1のUSB-Cハブ。
汎用性の高いUSB-Aポートや、SDカード/microSDカードスロットを搭載しており、問題なくデータの送受信が行えます。

他には映像出力用のHDMIポート、有線LAN接続が可能な有線LANポートなど、便利なポートを一通り搭載。

これ1台でほとんどの機能を補うことができます。

60WのPower Deliveryにも対応しており、パソコン本体に別途充電ケーブルを接続しなくても、高速充電ができる点もGood。

USB-Cハブ選びに悩んでいる人には特におすすめしたい1台です。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C ハブの口コミ

Dockteck 7-in-1 USB-C ハブ

製品名 Dockteck 7-in-1 USB-C ハブ
給電方式 パスパワー/セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・有線LANポート
ケーブルの長さ 18.28 cm
重量 150 g

数多くのUSBハブを販売しているDockteckから販売されているUSB Type-Cハブです。

USB Type-A端子など基本的な端子に加え、HDMIポートや有線LANポートなど様々な種類のポートを搭載。

1台で複数のデバイスと接続することが可能です。
また、バスパワー/セルフパワーと2つの給電方式に対応。

外出先で利用するときはバスパワー、デバイスを充電しながら使いたい時はセルフパワーというように柔軟な使い方が可能です。

アルミニウムを採用した外観も美しく、多くの人におすすめできる製品です。

Dockteck 7-in-1 USB-C ハブの口コミ

BUFFALO USB ハブ

製品名 BUFFALO USB ハブ
給電方式 バスパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・USB Type-A(USB 3.0)× 4
ケーブルの長さ 10 cm
重量 35 g

パソコン周辺機器メーカーBUFFALOが販売しているUSBハブ。

USB Type-C端子で各デバイスと接続でき、USB Type-Aポートを4つ追加することができます。

バスパワー駆動式となっているため、外部電源なしで利用可能。
シンプルな分扱いやすく、各ポートが無駄になりません。

USB-Cしか搭載しないデバイスを利用している人、USB-Cポートが余っている人などにおすすめの製品です。

UGREEN 7-in-1 USB C ハブ

製品名 UGREEN 7-in-1 USB C ハブ
給電方式 パスパワー/セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・有線LANポート
ケーブルの長さ
重量 231 g

数多くのパソコン周辺機器を販売しているUGREENが出しているUSB Type-Cハブ。

7つのポートを搭載しており、本製品を接続するだけで一気に拡張性を高めることができます。

HDMIポートは4K・60Hzに対応。
対応するモニターとケーブルを用意することで、滑らかで美しい映像が楽しめます。

PD充電にも対応しており、ハブ本体を別途電源から給電することで、接続デバイスの充電をしながら利用可能です。

豊富な機能の割に価格が安く、コストパフォーマンスの高い製品に仕上がっています。

UGREEN 7-in-1 USB C ハブの口コミ

Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ

製品名 Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ
給電方式 パスパワー/セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・HDMI
・USB Type-A(3.0)
・USB Type-C(PD)
ケーブルの長さ 15 cm
重量 40 g

人気周辺機器メーカーAnker製の3-in-1USBハブです。
USB Type-AポートとHDMIポート、PD給電に対応したUSB Type-Cをひとつずつ搭載。

HDMIは4Kの解像度・30Hzに対応しています。
データ転送速度は最大5Gbpsと高速にデータ転送を行えます。

パススルー充電に対応しており、映像出力やデータ転送を行いながら、デバイスの急速充電が可能。

HDMI出力が行えるシンプルなUSB Type-Cハブを探している人におすすめです。

Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブの口コミ

Belkin 7 in 1 USB-C ハブ

製品名 Belkin 7 in 1 USB-C ハブ
給電方式 パスパワー/セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・3.5mm オーディオジャック
ケーブルの長さ 11 cm
重量 76 g

Apple製品関連の周辺機器を数多く販売しているBelikinのUSB Type-Cハブです。
7つのポートを搭載しておりながら、非常にコンパクトなことが大きな特徴。

バスパワーでも利用できるため、どこにでも気兼ねなく持ち運べます。
搭載しているポートの種類もHDMIやSDカードスロットなどさまざま。

イヤホンジャックを搭載しており、お使いの有線イヤホン・ヘッドホンを接続可能です。

Apple製品との親和性も高く、MacBookやiPadユーザにはぴったりの製品と言えます。

Belkin 7 in 1 USB-C ハブの口コミ

エレコム 6-in-1 Type-C USBハブ

製品名 エレコム 6-in-1 Type-C USBハブ
給電方式 パスパワー/セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
ケーブルの長さ 30 cm
重量 67 g

コンパクトなボディの6-in-1のエレコム製USBハブ。
4K・30HzのHDMIポートを搭載しており、4Kモニターと接続することで鮮明な映像を映し出すことが可能です。

最大100WのPower Deliveryに対応。
バッテリー容量の多いノートパソコンなどもすぐに充電することができます。

また、ケーブル長が30cmと他のUSBハブと比べて長めなことも特徴のひとつ。
パソコンのUSBポートがどんな位置に搭載されていても接続することができます。

ケーブルが長めのUSBハブを探している方におすすめです。

エレコム 6-in-1 Type-C USBハブ

Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C ハブ

製品名 Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C ハブ
給電方式 パスパワー/セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)
・USB Type-C(PD)
・3.5mm オーディオジャック
ケーブルの長さ
重量 36 g

Ankerが販売しているケーブルのないUSB-Cハブです。
iPad Pro用に設計されているため、iPad Proにはまさにジャストサイズ。

タブレットとしての携帯性を確保しつつ、拡張性を高めることができます。

搭載されているポートは「HDMI」「SDカードスロット」「Micro SDカードスロット」「USB Type-A」「USB Type-C」「3.5mm オーディオジャック」と種類も豊富。

iPad Pro用のUSB Type-Cハブを探している人にはぴったりの製品です。

Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C ハブの口コミ

エレコム USBハブ Type-C

製品名 エレコム USBハブ Type-C
給電方式 パスパワー/セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・USB Type-A(USB 3.0)× 3
・USB Type-C(PD)
ケーブルの長さ 30 cm
重量 54 g

エレコムが販売しているシンプルなUSB Type-Cハブ。

USB Type-Aポートを3基、USB Type-Cポートを1基搭載しており、マウスやハードディスクといったデバイスをしっかり接続することができます。

また、Type-CポートはPower Deliveryに対応。

USBハブに電源アダプターを接続することで、本製品を使いながら、接続デバイスの充電が可能です。

本体底面にマグネットが付属している点もGood。

HDMIなどはいらないけど、PD充電に対応しているハブが欲しい人におすすめの製品です。

エレコム USBハブ Type-C

CalDigit TS4 Thunderbolt4 ドック

製品名 CalDigit TS4 Thunderbolt4 ドック
給電方式 セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・Thunderbolt 4 × 3
・DisplayPort 1.4
・USB Type-A(USB 3.1)× 5
・USB Type-C × 3
・SDカードスロット
・MicroSDカードスロット
・光デジタルオーディオ
・有線LANポート
・オーディオ入力/出力
・コンボジャック
ケーブルの長さ
重量 500 g

2022年3月に国内販売が発表されたGalDigit製の拡張ドック。
サイズが大きく、バスパワーにも対応していないため、持ち運びには向いていません。

しかし、本製品をデバイスに接続するだけでハイエンドデスクトップPCと同じくらいの拡張性を得ることができます。

メインで使うであるUSBタイプの端子数はThunderbolt4・USB-Cを含めて、なんと11ポート!
ポート数で困ることはまずないでしょう。

とにかく性能の良いUSB Type-Cハプを探している人はぜひチェックしてみてください。

CalDigit TS4 Thunderbolt4 ドックの口コミ

Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock

製品名 Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock
給電方式 セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C
ポート数・種類 ・USB Type-A(USB 3.1)× 3
・USB Type-C × 2
・HDMI × 2
・DisplayPort 1.4
・SDカードスロット
・MicroSDカードスロット
・有線LANポート
・3.5 mm オーディオジャック
ケーブルの長さ
重量 370 g

Ankerが販売する拡張性の高いドッキングステーション。
非常に多くのポートを搭載しており、ポート数に困ることはありません。
また、DisplayPort が1つとHDMIが2つ搭載されているなど、映像出力関係に強いことも本製品の特徴。
対応するモニターとパソコンさえあれば、本機だけで簡単にトリプルディスプレイ環境を構築することができます。
前面にイヤホンジャックやSDカードスロットが配置されている点もGood。
普通のUSB Type-Cハブでは拡張性が足りないという方におすすめです。

おすすめのUSB Type-Cハブ比較表

ここでは、本記事でおすすめしたUSB Type-Cハブのスペック比較表を記載します。
ぜひ製品同士を比較する際に利用してみてください。

製品名 Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C ハブ Dockteck 7-in-1 USB-C ハブ BUFFALO USB ハブ UGREEN 7-in-1 USB C ハブ Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ Belkin 7 in 1 USB-C ハブ エレコム 6-in-1 Type-C USBハブ Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C ハブ エレコム USBハブ Type-C CalDigit TS4 Thunderbolt4 ドック Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock
画像 アンカー_PowerExpand_7-in-1_USB-C_PD_イーサネット_ハブ
給電方式 パスパワー/セルフパワー パスパワー/セルフパワー バスパワー パスパワー/セルフパワー パスパワー/セルフパワー パスパワー/セルフパワー パスパワー/セルフパワー パスパワー/セルフパワー パスパワー/セルフパワー セルフパワー セルフパワー
デバイスとの接続端子 USB Type-C USB Type-C USB Type-C USB Type-C USB Type-C USB Type-C USB Type-C USB Type-C USB Type-C USB Type-C USB Type-C
ポート数・種類 ・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・有線LANポート
・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・有線LANポート
・USB Type-A(USB 3.0)× 4 ・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・有線LANポート
・HDMI
・USB Type-A(3.0)
・USB Type-C(PD)
・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・3.5mm オーディオジャック
・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)× 2
・USB Type-C(PD)
・HDMI
・SDカードスロット
・Micro SDカードスロット
・USB Type-A(USB 3.0)
・USB Type-C(PD)
・3.5mm オーディオジャック
・USB Type-A(USB 3.0)× 3
・USB Type-C(PD)
・Thunderbolt 4 × 3
・DisplayPort 1.4
・USB Type-A(USB 3.1)× 5
・USB Type-C × 3
・SDカードスロット
・MicroSDカードスロット
・光デジタルオーディオ
・有線LANポート
・オーディオ入力/出力
・コンボジャック
・USB Type-A(USB 3.1)× 3
・USB Type-C × 2
・DisplayPort 1.4
・SDカードスロット
・MicroSDカードスロット
・有線LANポート
・3.5 mm オーディオジャック
ケーブルの長さ 18cm 18.28 cm 10 cm 15 cm 11 cm 30 cm 30cm
重量 114 g 150 g 35 g 231 g 40 g 76 g 67 g 36 g 54 g 500 g 370 g

まとめ

今回はおすすめのUSB Type-Cハブ10選を紹介していきます。

最近のパソコンやタブレットはコンパクトになっている分、搭載しているポート数が減少している傾向にあります。
USBハブを持っておくと、いざという時にも各デバイスを接続することができるので便利ですよ。

また、USBハブはレンタルサービスを利用してレンタルすることができます。
どんな感じなのか使用感を試してみたい方におすすめです。

\アンカー PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブがレンタル可能!/

タイトルとURLをコピーしました