その他

自炊スキャナのおすすめ15選!自炊スキャナはスペックを比較して選ぼう!

その他

仕事で使う書類の整理や写真・書籍のデータ化にスキャナーの利用がおすすめです。

自炊やテレワークを効率よくしてくれるアイテムでもあり、紙のデータ化をする上での必需品と言えるでしょう。

そこで今回はおすすめのスキャナーを紹介していきます。

商品の特徴やスペックを比較して、自分に合うスキャナーを見つけてみてください!

\スキャナーはレンタルも可能!/

1.自炊スキャナーとは?

自炊スキャナーとは、紙製の本や書類などをスキャナを使ってデータ化・電子化することを指します。

自分で本や書類をデータ化するので「自炊」と呼ばれており、自炊を行うためのアイテムがスキャナです。

自炊スキャナーをすることで名刺やハガキを電子化して整理することもできますし、レーシトを取り込んで家計管理も行えます。

持ち運ぶのが大変な分厚い専門書でも自炊スキャンして電子書籍かしておけば、タブレット端末1台でコンパクトに持ち歩くことができます。

紙のままだと場所も取りますし、整理が追いつかないことがしばしばありますが、スキャンして電子化しておけばスマートに管理することができます。

そんな自炊に使えるスキャナーですが、用途やサイズ、スペックによって、さまざまな種類があります。

自炊スキャナーをする目的や使用する場所などをあらかじめ把握してから商品を選ぶ必要があるでしょう。

スキャナーはあらゆる用途で活躍するアイテムなので、ぜひ効果的に使ってみてください。

2.スキャナーを選ぶときのポイントは?


スキャナーを選ぶときのポイントは主に以下の6点です。

  • 解像度
  • 対応する原稿のサイズや紙質
  • 読取速度
  • 携帯性や接続方法
  • 本を裁断するかどうか
  • その他の機能性も要チェック

それでは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

①解像度

まずは自炊スキャンをする目的に応じた「解像度」を決めてみてください。

スキャンしたファイルを読む際の快適度に応じて必要な解像度が決まってくるでしょう。

例えば、レシートや名刺の管理のように文字され読めればいいというのであれば、最低限の解像度でも十分と言えます。

しかし、電子化した後に読み進めていく必要がある書籍や仕事の書類などをスキャンする場合には、読みやすさも考えて高い解像度のスキャナーを使った方がいいですね。

スキャンされる種類にもカラー・白黒・グレーなどがありますし、解像度については「dpi」という単位で表記されています。

解像度にこだわる方であれば400dpiを目安にスキャナーを選んでで見てください。

②対応する原稿のサイズや紙質

どういった紙をスキャンして電子化するかによっても必要なスキャナーが変わってきます。

例えば、名刺やハガキ、レシートなど小さい書類を電子化するのに対応したスキャナーもあれば、A4サイズの書類や書籍など大きな紙をスキャンできる商品もあります。

名刺専用スキャナーなど用途によって対応サイズの決まったコンパクトな商品もラインナップされています。

自分がどのサイズの紙をスキャンするのかをあらかじめ想定した上で、必要なスペックを搭載したスキャナーを用意してください。

③読取速度

紙をスキャンして電子化するまでの読取速度は、作業ペースを左右するので非常に重要です。

紙の書籍丸々一冊をスキャンする場合や大量の書類を電子化する場合に、読取速度が早いほど作業効率を高めることができるでしょう。

しかし、スキャンの解像度が高いほど、読み取りに時間がかかる傾向にもあるので、スペックとのバランスも重要になります。

スペック表を見ながら読み取りの速さについてもチェックしてみてください。

④携帯性や接続方法

ビジネスで使用する書類や受け取った名刺などを出先でスキャンするといった場合には、持ち運びに便利なコンパクトなタイプが向いているでしょう。

電子化したデータをどこに保存するかも考慮して、USBバスパワーに対応しているモデルや両面スキャンに対応したモデルなどもおすすめです。

サッとスキャンして手早く作業を進めるのであれば、手差してスキャンできるタイプもいいでしょう。

家などで書類の電子化などを行う場合には、据え置き型のスキャンを選んでみてください。

大量の紙をセットできるので一度にまとめてスキャンできて便利です。

⑤本を裁断するかどうか

書籍を電子化する場合、スキャナーによっては本を裁断する必要が出てきます。

1枚1枚の紙を読み取る必要があるため、本の背表紙部分をカットしてからスキャンをしなければなりません。

書籍も大切に保管したいという方は、原稿に増えずにスキャンができる「オーバーヘッド」タイプのスキャナーを選んでみてください。

書籍も冊子のままスキャンできるので裁断する必要がなくなります。

⑥その他の機能性も要チェック

スキャナーの使い勝手を良くする機能が備わっているかもチェックしてみましょう。

例えば、紙をセットした時に生じるズレを自動で修正する「自動補正機能」があると、1枚1枚のデータが綺麗に保存されます。

その他にも、幅広い主力フォーマットに対応してたり、読み込んだデータを文字認識する機能があれば非常に便利です。

メーカーやモデルによって搭載されている機能が異なるので、1つ1つ詳しくみていきましょう!

3.おすすめのスキャナー15選

ここからはおすすめのスキャナーを紹介していきます。

今回ご紹介するのは以下の10商品です。

  • 富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap IX1500
  • エプソン シードフィードスキャナー DS-570W
  • エプソン フォトスキャナー FF-680W
  • リコー モノクロハンディープリンター ブラック
  • ブラザー モバイルスキャナー MDS-820W
  • 富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap SV600
  • ブラザー ドキュメントスキャナー ADS2200
  • キヤノン CANOSCAN LIDE-400
  • 富士通 モバイルスキャナーScanSnap FL-IX100A-P
  • サンワサプライ 名刺スキャナー PSC-13UB
  •     

  • キヤノン ドキュメントスキャナー DR-C230
  • 富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600
  • ZINT ハンディスキャナー
  • サンワサプライ モバイルスキャナー 400-SCN022
  • ブラザー ドキュメントスキャナー MDS-940DW

それでは、1つずつ特徴やおすすめポイントを詳しく見ていきましょう。

①富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap IX1500

ScanSnap_IX1500

富士通のドキュメントスキャナー「ScanSnap IX1500」は、ワンタッチの簡単操作で思い通りの使い方ができる便利なパネルが魅力となっています。

直感的な操作が可能で読取設定なども簡単に行えますし、洗練されたデザインとストレスフリーな設計は仕事の効率を高めてくれるでしょう。

スキャナーの活用をサポートするソフトウェアも利用できるので、原稿の読み取りだけでなく、編集や管理、検索も思いのままにできます。

【口コミ】

「以前、使用していたS510と比較して、格段に読み取り速度が速く、静かで驚きました。」

引用:価格.COM

\ScanSnap IX1500が7泊8日~レンタル可能!/

②エプソン シードフィードスキャナー DS-570W

エプソン-シードフィードスキャナー_DS-570W

エプソンのシードフィードスキャナー「DS-570W」は、コンパクトなボディで幅広い機能が利用できる万能スキャナーとなっています。

読取速度も快適さがあり、綺麗に原稿を読み取ってくれますし、Wi-Fi接続で各種端末にデータを保存することもできます。

使いやすい付属ソフトも利用でき、仕事での資料整理などにも活躍しますし、机の上に置いても邪魔にならないのでおすすめです。

【口コミ】

「コンパクトな本体にも関わらず両面スキャンも速く、解像度も必要最低限あり満足しています。
WiFiにも対応してるので事務所に一台あれば資料整理に活躍してくれるでしょう。超オススメです。」

引用:価格.COM

\エプソン DS-570Wが7泊8日~レンタル可能!/

③エプソン フォトスキャナー FF-680W

エプソン_フォトスキャナー_FF-680W

エプソンのフォトスキャナー「 FF-680W」は、写真をデータ化したい方におすすめの商品です。

連続スキャンに対応しており、1回で36枚までセットして素早くスキャンを完了させることができます。

専用アプリ「Epson FastFoto」を使えば、スキャンと同時に保存をすることもできます。

家族写真や思い出の写真をデータ化して残したい方におすすめです。

【口コミ】

「それよりもドキュメントスキャナとしての機能に満足。
スピードもかなり速いので、古い漫画本の電子化に一役買ってくれました。」

引用:価格.COM

\エプソン FF-680Wが7泊8日~レンタル可能!/

④リコー モノクロハンディープリンター ブラック

リコー_モノクロハンディープリンター_ブラック

リコーのモバイルハンディプリンターは、紙の上で本体をスライドさせるだけでスキャンが行えるコンパクトさが魅力の商品です。

小さいボディで持ち運びに便利ですし、どこでも簡単に書類をスキャンすることができます。

バッテリーも連続2時間稼働するタフさもあり、Bluetoothにも対応しているのでワイヤレスでデータを端末に取り込むことが可能です。

【口コミ】

「最大のメリットは、たとえば封筒や名刺に追加で印刷できたり、ダンボール箱の表面に直接印刷できたり、従来のプリンタで対応しづらかったり、対応できないところにも印刷できるところだろう。」

引用:価格.COM

\リコーモノクロハンディプリンターが3泊4日~レンタル可能!/

⑤ブラザー モバイルスキャナー MDS-820W

ブラザー_モバイルスキャナー_MDS-820W

ブラザーのモバイルスキャナー「 MDS-820W」は、リチウムイオン充電器を搭載し、コードレスで使える上に、Wi-Fi対応な商品です。

スキャナー単体で利用できる上に、1回の充電で約450枚スキャンできるパワフルぶりが魅力です。

読取速度にも優れており、ボディもコンパクトなので出先でちょっとした書類をデータ化したい際にも気軽に使える利便性があります。

【口コミ】

「「PC・スマホや無線LANを使わず、出先での単体使用(SDカードに保存)が目的なので、ほぼ一択に近いかも。
いつもながらブラザーには感心させられます、業務での使用状況をよく分かってくれています。」

引用:価格.COM

\ブラザー モバイルスキャナー MDS-820Wが7泊8日~レンタル可能!/

⑥富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap SV600

ScanSnap_SV600

富士通のドキュメントスキャナー「ScanSnap SV600」は、書類やはがきだけでなく、新聞や雑誌の見開きといった大きいサイズの原稿にも対応した商品です。

最大A3サイズにも対応していますし、原稿に触れることなくスキャンを行うので紙を傷めることもありません。

雑誌や新聞、書籍などの資料をスキャンしてデータ化するといった際に便利です。

【口コミ】

「以前からA4以上のスキャナーがほしかった為、購入いたしました。
操作もボタン1つで簡単です。
FPUのIX500も持っておりますが、こちのスキャナーも非常に良いと思います。」

引用:価格.COM

\ブラザー モバイルスキャナー MDS-820Wが7泊8日~レンタル可能!/

⑦ブラザー ドキュメントスキャナー ADS2200


ブラザーのドキュメントスキャナー「ADS2200」は、読取速度に優れており、連続で最高50枚のスキャンに対応している商品です。

USB接続でシンプルに使えるため、ネットに接続できない仕事場で利用するのにもおすすめです。

スキャンしたデータを直接USBメモリなどに保存する機能もありますし、原稿の向きや角度を補正する昨日も便利です。

⑧キヤノン CANOSCAN LIDE-400


キヤノンのフラッドベットスキャナー「CANOSCAN LIDE-400」は、携帯性に優れるコンパクトさと、利便性に優れる商品です。

薄型ボディでカバンにも入れやすい上に収納も簡単。スキャン速度を従来品よりも約2秒高速化したため効率をさらに高めることができるでしょう。

スタイリッシュで机の上に置いても自然に馴染みやすく、高級感のあるデザインも魅力的です。

⑨富士通 モバイルスキャナーScanSnap FL-IX100A-P


富士通のモバイルスキャナー「ScanSnap FL-IX100A-P」は、いつでも・どこでも快適に使えるコンパクトな商品です。

バッテリー内蔵でWi-Fiにも対応しているのでコードレスで使えますし、クラウドサービスに接続してスキャンしたデータを保存することもできます。

専用ソフトウェアを使えば、データ整理や活用も一元で管理できて、仕事でも便利なのでおすすめです。

⑩サンワサプライ 名刺スキャナー PSC-13UB


サンワサプライの名刺スキャナー「PSC-13UB」は、ビジネスで受け取る名刺を簡単にデータ化できる商品です。

コンパクトで机の上に置いても邪魔にならず、パソコンなどと接続すれば名刺を簡単にデータ化して整理や管理が行えます。

スキャン速度も1枚当たり3秒と優れているので、手元にある名刺をまとめてデータ化する際にも役に立ちます。

⑪キヤノン ドキュメントスキャナー DR-C230


キヤノンの「 ドキュメントスキャナー DR-C230」は、コンパクトなボディで置き場所に困らないサイズ感が魅力の商品です。

机の上においても邪魔にならないコンパクトさがありながら、読み取り速度にも優れているので、サクサクスキャンが進められて快適に使えるでしょう。

名刺や領収書、パスポートなど小さいサイズの電子化をする際に便利な商品で、机の上に1台あるだけで作業効率を非常に高めてくれます。

異なるサイズの紙を一度にセットしても自動的に判別して調整してくれる機能があるのもとても便利です。

⑫富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600

富士通_ScanSnap_iX1600

富士通の「ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600」は、高いスペックと豊富な機能を備えたハイエンドスキャナーとなっています。

使用頻度の高い機能を登録することで作業ステップを省略する機能や、みやすいタッチパネルでの操作、起動や読み取り速度にも優れているので、仕事での作業効率をグッと高めてくれること間違いありません。

書類の電子化や仕事で大量の書類を処理しなければならないシーンなどで、生産性を高めてくれる1台と言えるでしょう。

クラウドサービスに連携してデータを保存することもでき、スマホやパソコンに接続する手間が省けるのも魅力です。

⑬ZINT ハンディスキャナー


ZINTの「ハンディスキャナー」は、重量がわずか150gという軽量性が魅力で、カバンの中に入れて気軽に持ち運べる携帯性がある商品です。

乾電池のみで動くのでコンセントも不要ですし、JPG/PDFの2つの保存形式に加えて、3つの解像度を選んで使えるのも非常に便利です。

専用ソフトを使えば電子化した書類をワードやエクセルで編集できるテキストに変換することもできます。

場所を問わずに使えるので、仕事などの出先で書類をスキャンする場面がある人にとって、非常に便利な存在といえるでしょう。

⑭サンワサプライ モバイルスキャナー 400-SCN022


サンワサプライの「モバイルスキャナー 400-SCN022」は、パソコンと接続することなく内蔵メモリにデータ化した書類を保存できるようになっている商品です。

面倒なセッティングなども不要でスキャンができる上、解像度は最大1,200dpiとクオリティが高いのも特徴となっています。

メモリの容量は128GBと十分ありますし、別途SDカードを使うこともできるので不足する心配はありません。

外出先などでも便利に使えるコンパクトなボディになっているので、家でも屋外でも頼れる存在になるでしょう。

⑮ブラザー ドキュメントスキャナー MDS-940DW


ブラザーの「ドキュメントスキャナー MDS-940DW」は、USBバスパワー充電に対応しているので、コンセントがない場所でも使用できるのが魅力です。

仕事中の出先などで書類や名刺をサッとスキャンして電子化できるので作業効率も高められるでしょう。

データ化した書類はmicroSDに直接保存できるので、スマホやパソコンなどを接続する必要もありません。

専用アプリを使えばスキャンしたデータをスマホから確認できる機能もあるので非常に便利です。

4.おすすめのスキャナー15選のスペック比較

ここでは今回ご紹介したおすすめスキャナーのスペックを一覧で確認していきます。

サイズや重量、対応する原稿サイズなどをチェックして、自分に合ったものを選んでみましょう。

商品名 富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap IX1500 エプソン シードフィードスキャナー DS-570W エプソン フォトスキャナー FF-680W リコー モノクロハンディープリンター ブラック ブラザー モバイルスキャナー MDS-820W 富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap SV600 ブラザー ドキュメントスキャナー ADS2200 キヤノン CANOSCAN LIDE-400 富士通 モバイルスキャナーScanSnap FL-IX100A-P サンワサプライ 名刺スキャナー PSC-13UB キヤノン ドキュメントスキャナー DR-C230 富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600 ZINT ハンディスキャナー サンワサプライ モバイルスキャナー 400-SCN022 ブラザー ドキュメントスキャナー MDS-940DW
画像
原稿サイズ A4/はがき/名刺/レシート A4/はがき/名刺/レシート A4/はがき/名刺 A4/はがき/名刺 A3/A4/はがき/名刺 A4/はがき/名刺 A4 A4/はがき/名刺/レシート 名刺 A4,A5,A6,B5,B6,はがき,名刺,レター,リーガル A4/はがき/名刺/レシート A4,B5,はがき,写真,名刺 名刺/はがき/レシート A4/はがき/名刺/レシート
最大読取範囲 216×360 mm 215.9 mm 215.9 mm 215.9×812.8 mm 432×300 mm 215.9 mm 216×297 mm 216×360 mm 55×91 mm 216×914mm 216×289mm 216×356mm 215.9×1828.8mm
光学解像度 600 dpi 600 dpi 600 dpi 600 dpi 600 dpi 600 dpi 4800 dpi 600 dpi 600 dpi 600dpi 1200dpi 900dpi 600dpi 1200dpi
インターフェイス USB USB USB USB
Bluetooth
USB USB USB USB USB USB USB,Wi-Fi USB USB USB USB,Wi-Fi
サイズ 292x152x161 mm 296x176x169 mm 296x176x169 mm 46x81x121 mm 308×40.7×52.5 mm 525x383x484 mm 298x177x205 mm 250x42x367 mm 273x36x47.5 mm 107x28x100 mm 292×161×152mm/td>

290×52×35mm 255×25×28mm 291×253×231mm 319×63.1×45.4mm
重量 3.4 kg 3.7 kg 3.7 kg 0.315 kg 0.48 kg 3 kg 2.5 kg 1.7 kg 0.4 kg 0.168 kg 3.4kg 400g 150g 2.8kg 700g

一時的にスキャナーが必要な場合はレンタルも検討しよう!

テレワーク中などの仕事で一時的にスキャナーが必要な場面に遭遇することもあるかもしれません。

一度しか使わないのに数万円もするようなスキャナーを購入するのはもったいなく感じてしまいますよね。

そこでおすすめなのがスキャナーのレンタルです。

レンタルであれば購入よりも安い料金でスキャナーが使えますし、使い終わったら返却するので収納するスペースなども用意する必要はありません。

【スキャナー レンタル泊数例】
・富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600:7泊8日
・エプソン フォトスキャナー FF-680W:7泊8日
・ブラザー モバイルスキャナー MDS-820W:7泊8日
・エプソン シードフィードスキャナー DS-570W:7泊8日
・富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap IX1500:7泊8日

低コストで手軽に使えるスキャンがたくさんレンタルできるので、自炊スキャナーを使う機会のある方はぜひ利用してみてください。

スキャナーを使って自炊やテレワークを効率的に行おう!

スキャナーのおすすめ商品10選を紹介していきました。

対応する原稿のサイズや利用場所、スキャン速度などをチェックして、自分に合う商品を選んでみてください。

皆さんもスキャンを使って自炊やテレワークをより効率的に行ってみてください。

\スキャナーはレンタルも可能!/

タイトルとURLをコピーしました