生活家電

衣類スチーマーを比較!人気のあるおすすめ衣類スチーマーはどれ?【2021年版】

生活家電

時間がかかり準備が面倒な“アイロン掛け”
そんな面倒なアイロン掛けをお出かけ前でもサッと出来るのが衣類スチーマーです!

除菌・消臭もできる優れた衣類スチーマーも増えてきて人気も上昇中です。今からアイロンを買うなら衣類スチーマーがおすすめですよ。

私が選ぶNo1衣類スチーマーはこの一台

パナソニック スチームアイロン NI-FS550

パナソニック衣類スチーマー_NI-FS50

衣類スチーマーの特徴!従来のアイロンと違うポイント

衣類スチーマーは、高温で蒸気を噴射してシワを伸ばす家電。
ただシワを伸ばすだけではなく、このような特徴が従来のアイロンと比べ評価されています。

  • 装飾がついた洋服、デリケート素材、ニットやコートなどのシワも伸ばせる
  • 除菌や消臭も可能
  • ハンガーに掛けたままシワを伸ばせるのでアイロン台いらず
  • ハンガーでのアイロン掛けとプレスして伸ばせるどちらも対応した製品もある

このような特徴が評価されている衣類スチーマーですが、反対にスラックスなどの折り目を付けたい時は従来アイロンの方が使いやすいです。

衣類スチーマーが欲しいけど、衣類スチーマーの種類は多くどれを選べばいいのか分からないという人も多いと思います。
そこで今回は人気の衣類スチーマーと自分に合った衣類スチーマーの選び方をご紹介します!

自分に合った衣類スチーマーの選び方

衣類スチーマーを選ぶ際に、確認するポイントはこの5つ。
購入前には、最低このポイントは確認すると自分にあった衣類スチーマーをゲットできる確率が上がります。

  • 使いたい用途で選ぶ
  • スチーム量・スチーム持続時間で選ぶ
  • コードのありなしで選ぶ
  • 立ち上がり時間で選ぶ
  • 重さや容量で選ぶ

このポイントを満たした機種の中で、デザイン性や持ちやすさなど好みをもとに選ぶといいでしょう。
それでは、ここからこの5つのポイントについて詳しく説明していきます。

使いたい用途で選ぶ

プレス_衣類スチーマー

衣類スチーマーには、大きく分けて「スチーム専用の衣類スチーマー」「プレス兼用の衣類スチーマー」があります。
衣類スチーマーに何を求めているかで2種類のどちらにするか変わってきます。

どう違うのか簡単にまとめた内容をご確認ください。

スチーム専用
プレス兼用
・ハンガーにかけたままアイロンがかけれる
・スチーム量多め
・目立つシワを簡単に伸ばしたい
・脱臭をしたい
・折り目や細かいシワは苦手
・装飾品もアイロンできる
・カーテンやソファも使える
・ハンガーにかけたままアイロンがかけれる
・プレスも行いたい
・コンパクトモデルが多い
・スチームが弱い
・かけれる面積が小さい
・細かいシワを伸ばすことに適している

このような違いがあります。
個人的には、出かける前にパッとシワを伸ばせて脱臭できるスチームの方が合っていました。
特にシワの気にならず綺麗に伸ばせてます。

次に「スチーム量・スチーム持続時間」で選ぶ方法について紹介します。

スチーム量・スチーム持続時間で選ぶ

スチーム_衣類スチーマー

衣類スチーマーで綺麗にシワを伸ばす場合、スチーム量が「10g/分」以上のものがおすすめです。
スチーム量が少ないものもあるので注意しましょう。

スチーム量が少ないとパンツや細かいシワが伸ばせないこともあります。

また、一回のアイロンで大量の衣類をかける場合は、スチーム連続使用時間にも注意して選びましょう。

コードのありなしで選ぶ

コードレス衣類スチーマー

最近では、コードレスタイプの衣類スチーマーも登場してきました。
コードがなく手軽ですが、数分おきに充電が必要なモデルもまだ多く存在します。大量の衣類をアイロンがけするならばコードありのアイロンの方が現状はまだおすすめです。

反対にコードありの衣類スチーマーなら、都度充電しなくても問題ないため大量に衣類のシワを伸ばしたい時に適しています。
コードレスタイプは、1枚~2枚を出かける前にかけたい人には向いてますよ。

立ち上がり時間で選ぶ

衣類スチーマー_立ち上がり時間

朝や出かける前にパッとアイロンをかけたい人にとって、立ち上がり時間は命運を分けます。

機種によっては約20秒ほどで、使い始めれる衣類スチーマーもあります。
製品によって立ち上がり時間は異なるので、チェックしてから選びましょう。

重さや容量で選ぶ

タンクの容量が大きいと長時間の使用が可能ですが、その分重くなってしまい片手でアイロンをかけることが大変になってしまいます。

衣類スチーマーを選ぶときは、本体にタンク内の水量が加わった重さと、水量に対する使用可能時間を考慮することも大切です。

衣類スチーマーはアイロン台を使うことなく、ハンガーにかけたままシワ取りができるのがポイントです。
ただ、本体自体が重すぎたり握りにくかったりすると手軽さが半減してしまいます。これは実際に手に持ってチェックしてみてください。

ここまで紹介したポイントを踏まえて、どんな機種が自分に合ってるか見てみましょう。

衣類スチーマーおすすめ10選!人気の衣類スチーマーを集めました

ここから、おすすめな衣類スチーマーを10機種紹介していきます。
レンタルできる商品もありますので、購入前に体験してみるのもいいと思いますよ。

パナソニック スチームアイロン NI-FS550

パナソニック衣類スチーマー_NI-FS50

サイズ
容量
コード
本体:幅7×高さ15×長さ15cm
重量(満水時):0.69kg
約50ml 約2.5ⅿ
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均約11g/分 連続約4分 約23秒
レンタル価格
1日当たり:372円
7泊8日:2,980 円(税込み)~

パナソニックの衣類スチーマー「NI-FS550」は、脱臭・除菌・アレル物質対策もできる人気の衣類スチーマーです。
シワを伸ばしながら匂いも取れるし、ニットとか菌が心配な服にも使える便利な商品。

しかも、パナソニックのアイロンは累計販売台数が2億台を突破してて信頼できる商品なんですよ♪

パナソニック NI-FS750

パナソニック衣類スチーマー_NI-FS750

サイズ
容量
コード
幅8×高さ13×長さ16 cm
重量(満水時):0.75kg
約100 mL 約2.5ⅿ
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均約11g/分 連続約8分 約24秒

タンク容量が「NI-FS550」よりも2倍に。
連続・パワフルスチームが約8分持続と週末まとめてスチーマーをかけたい時や、家族みんなの分を何枚も続けてケアしたいときにおすすめな一台!

ティファール アクセススチームプラス DT8100J0

ティファール衣類スチーマー_DT8110J0

サイズ
容量
コード
幅13×高さ14×長さ28 cm
重量(満水時):1.23kg
約185ml 約300cm
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均約20g/分 約9分 40秒

約20分連続して使える、握りやすい衣類スチーマーです。
水タンクは取り外し可能なので、お手入れが簡単!

「トリガーロック」が付いており、スチームを噴射したまま固定できるので、連続使用しても疲れにくいのが魅力。

さらに3mの長い電源コードなので、使用する場所を選びません。

ティファール トゥイニー オートスチーム DV9120J0

ティファール衣類スチーマー_DV9120JO

サイズ
容量
コード
幅10×高さ11.5×長さ32.5 cm
重量(満水時):0.78kg
約60ml 260cm
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均約15g/分 約4分 40秒

衣類に合わせて3段階のかけ面温度調整機能付きで服に合わせて選択できる衣類スチーマー!

ジェットスチームで、衣類の繊維の奥まで浸透しシワの原因をほぐすことが可能な一台です。

東芝 La・Coo S TAS-X4

東芝衣類スチーマー_La・Coo-S-TAS-X4

サイズ
容量
コード
幅7.1×高さ13.7×長さ17.9 cm
重量(満水時):0.78kg
約65ml 200cm(取り外し可能)
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均約12ml/分 約7分 87秒

コード付きでもコードを外してもどちらでも使える衣類スチーマー。

電源切り忘れ防止として約10分間使わない状態が続いたら自動的に電源オフ機能付きで安心です。
シワを伸ばすだけでなく、同時に清潔ケアやタバコや汗、焼肉なのどのニオイも脱臭する効果があります。

コイズミ ポータブルスチームアイロン KAS-3010

コイズミ_KAS-3010W-ポータブルスチームアイロン

サイズ
容量
コード
幅13.7×高さ4.5×長さ16.7 cm 約6.4cc 1.6m
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間

衣類を挟んでスチームプレスする衣類スチーマー。

パンツやスカートの折り目もしっかりつけることができます。
軽くてコンパクトで海外仕様にも対応しているため旅行にも持っていくことも可能。

TWINBIRD ハンディーアイロン SA-4086

TWINBIRD_SA-4086

サイズ
容量
コード
幅33.5×高さ9.8×長さ8 cm
重量(満水時):0.55kg
約75ml 250cm
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均0.4 g/回 14.9秒

ハンガーにかけたままスチームを当てるだけ。シワもニオイもサッと解消。

ツインバードのロングラン製品をスチーム量2倍でさらにパワフルにしたモデルになります。

ワンプッシュで、スチームを発射スチームを当てることにより洋服に付いた汗やタバコのニオイを軽減!

TWINBIRD ハンディスチーマー SA-D096W

ツインバード_SA-D096W

サイズ
容量
コード
幅6.5×高さ21.7×長さ11.6 cm
重量(満水時):0.40kg
約50ml 250cm
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均0.2 g/回 12秒

軽量で毎日使っても疲れない軽さ。
水タンクが、ハンドル内に配置されているので手首への負担も軽減されるような造りに。

1秒1回の連続的なスチーム量とスピードで、ムラなく衣類にスチームを当てれます。

日立 CSI-RX2

日立_CSI-RX2

サイズ
容量
コード
幅17.5×高さ12.5×長さ8.5 cm
重量(満水時):0.66kg
約70ml 250cm
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均約12g/分 約5分 30秒

コードレス式の衣類スチーマーが東芝から発売されたこのモデル。
立ち上がり時間も短く、お出かけ前でもサッとかけることができます。

尖った部分があるので細かいところのシワもきちんと伸ばせる設計になっています。

アイリスオーヤマ 衣類用スチーマー IRS-01

アイリスオーヤマ_IRS-01

サイズ
容量
コード
幅7×高さ13×長さ16.5cm
重量(満水時):0.75kg
約60ml 250cm
スチーム量
スチーム時間
立ち上がり時間
平均約11g/分 約5分30秒 35秒

毎分11gのスチームを噴射により楽々にシワを伸ばすことが可能。

スチームを当てることで脱臭&除菌効果もあるので、タバコや汗のにおいなど生活臭を取り除きます。
アイロン用手袋のミトンが付属した衣類スチーマー。

おすすめ衣類スチーマーを比較表にまとめました

ここまで紹介した10機種の衣類スチーマーを簡単に選べるように比較表にまとめてみました。
比較して、あなたの利用目的に合った機種を見つけましょう。

※右にスクロール出来ます。

パナソニック衣類スチーマー_NI-FS50
パナソニック衣類スチーマー_NI-FS750
ティファール衣類スチーマー_-DT8110J0
ティファール衣類スチーマー_-DV9120JO
東芝衣類スチーマー_La・Coo-S-TAS-X4
コイズミ_KAS-3010W-ポータブルスチームアイロン
TWINBIRD_SA-4086
ツインバード_SA-D096W
日立_CSI-RX2
アイリスオーヤマ_IRS-01
商品名 パナソニック「NI-FS550」 パナソニック「NI-FS750」 ティファール「DT8100J0」 ティファール「DV9120J0」 東芝「TAS-X4」 コイズミ「KAS-3010」 TWINBIRD「SA-4086」 TWINBIRD「SA-D096W」 日立 CSI-RX2 アイリスオーヤマ「IRS-01」
サイズ 本体:幅7×高さ15×長さ15cm
重量(満水時):0.69kg
幅8×高さ13×長さ16 cm
重量(満水時):0.75kg
幅13×高さ14×長さ28 cm
重量(満水時):1.23kg
幅10×高さ11.5×長さ32.5 cm
重量(満水時):0.78kg
幅7.1×高さ13.7×長さ17.9 cm
重量(満水時):0.78kg
幅13.7×高さ4.5×長さ16.7 cm 幅33.5×高さ9.8×長さ8 cm
重量(満水時):0.55kg
幅6.5×高さ21.7×長さ11.6 cm
重量(満水時):0.40kg
幅17.5×高さ12.5×長さ8.5 cm
重量(満水時):0.66kg
幅7×高さ13×長さ16.5cm
重量(満水時):0.75kg
容量 約50ml 約100mL 約185ml 約60ml 約65ml 約6.4cc 約75ml 約50ml 約70ml 約60ml
コード 約2.5ⅿ 約2.5ⅿ 約300cm 260cm 200cm 1.6m 250cm 250cm 250cm 250cm
スチーム量 平均約11g/分 平均約11g/分 平均約20g/分 平均約15g/分 平均約12ml/分 平均0.4 g/回 平均0.2 g/回 平均約12g/分 平均約11g/分
スチーム時間 連続約4分 連続約8分 約9分 約4分 約7分 約5分 約5分30秒
立ち上がり時間 約23秒 約24秒 40秒 40秒 87秒 14.9秒 12秒 30秒 35秒

決めかねている方のために、「私が愛用しているパナソニックNI-FS550」をレンタルで体験した時の情報を紹介しておきます。

良かったら参考にしてみてください。

衣類スチーマーでおすすめなパナソニックNI-FS550を体験してみた

パナソニック衣類スチーマーNI-FS550を使って、この海外通販のくしゃくしゃブラウスを着れる段階まで蘇らせようと思います!
パナソニック衣類スチーマー_体験談

まずはアイロンを立ち上げます。
本当に24秒でアイロンがかけれる状態になるか半信半疑でしたが、使ってみると「24秒以上に早い!!」という印象を受けました。

こんな感じでライトが点いたら使えるようになります。
パナソニック衣類スチーマー_体験談_アイロン

体感10秒ぐらいで立ち上げ完了でした。

いざ、アイロンがけスタート!
軽いしみるみるうちにシワが伸びて行く~。

半分だけアイロンをかけた結果がこちら。
パナソニック衣類スチーマー_体験
いい調子。残り半分もアイロンをかけていきます。

3倍パワフルスチームを使ってみると、さっきよりも早くシワが伸びたので忙しい朝にイライラせずに使える一品です。

アイロン台無しでこんな簡単にシワが伸ばせました!
パナソニック_衣類スチーマー_体験
スチームなのでちょっと湿るかなと覚悟していましたが、アイロン後普通に着れました!

今回はポリエステル100%のお洋服でしたが、リネン素材などはちょっと時間がかかったりするものもあります。

まとめ

今回紹介した衣類スチーマーの中で、今パナソニック衣類スチーマーのみレンタルできるようです!

「ちょっと使ってみたい」「買って失敗したら嫌だな」って思った時に役立つのがレンタルサービス。

購入する前にレンタルで試してみるのもありかも❤

タイトルとURLをコピーしました