アクションカメラ

Osmo Action(オズモアクション)をレンタルで使ってみた評価!口コミ・評判も調査しました。

アクションカメラ

アクションカメラでGoProやソニーとともに人気なのが今回紹介する「DJI」。
そんなDJIの中でも、代表的な一台「Osmo Action(オズモアクション)」について今回は紹介します。

ネットの情報だけでは分からない部分もレンタルして使ったリアルな情報をお届けしていきます。体験した内容をもとに評価もしているので、購入を考えている人は参考にしてみてください。

<<私はここでOsmo Actionをレンタルしました>>

Osmo Action(オズモアクション)ってどんなアクションカメラ?

osmoactionとは

カメラ画質
1200万画素
ビデオ画質
4K/60fps
重量/大きさ
重量:124g
高さ:42mm
幅:65mm
奥行:35mm
価格
32,970円(税込)

Osmo Action(オズモアクション)は、前後に画面を搭載したDJIのアクションカメラ。
スポーツやアクティビティ時の自撮りも画面を確認しながら行えるなど、GoProと同様に人気のアクションカメラです。

最先端のスタビライザー技術によって高精度のブレ補正を実現しているので、激しいアクションでも驚くほど滑らかで美しい映像を撮影可能です。

さらに、機能が随時アップデートされるのでいつでも最新の技術を利用可能と魅力が詰まった一台となっています。

※スタビライザー技術とは・・・動揺を軽減させるもの

Osmo Action(オズモアクション)の特徴

  • 4K撮影時に手ブレ補正が使用可能
  • 水深11mまでの防水性
  • 自撮り用デュアルディスプレイがある

Osmo Actionは、RockSteady(ロックステディ)と呼ばれるEIS(電子式映像ブレ補正)と複雑なアルゴリズムを組み合わせ、激しい動きに関係なく安定したブレのない映像を撮影できます。

防水性も高く、背面タッチスクリーンに防水シールと疎水性コーティングが施されており水深11mまで防水性を発揮できるので多少の雨でも使用可能。

また、デュアルスクリーン搭載(両面スクリーン)で、ボタンに触れるだけでアングルを確認しながら簡単に撮影できる仕様となっています。

Osmo Action(オズモアクション)の評判・口コミも調査!

手ブレ補正の評判・口コミを調査


どちらの評判にもあるように、ほぼブレない映像が撮影可能。一つ目の評判にある動画のように、GoProやソニーのアクションカメラよりもブレが少ない映像が撮影できるので歩きながらやスポーツ時の撮影に適した一台になっていると思います。

手ブレが少ないので、今までのアクションカメラで手ブレが気になっていた方に特におすすめな一台ではないでしょうか。

私も歩きながら撮影してみたのですが、揺れを感じない綺麗な映像を撮影できました。

使いやすさ/機能性の評判・口コミを調査

ハイパーラプスと呼ばれる動画版タイムラプス機能により、GoProと同様の動画撮影が可能になりました。

これにより手ブレも少なくてGoPro同様の機能で、価格も安いOsmo Actionを選ぶ人が増えたのではないでしょうか。

このハイパーラプス以外にも、こんな機能があります。

8倍スローモーション
解像度 1080p /240fpsの8倍スローモーション撮影
タイマー撮影モード
タイマー式の写真撮影機能。シャッタースピード120秒で撮影可能
タイムラプス
1コマずつを繋げて再生する手法で倍速再生に見える動画撮影機能。シャッタースピード25秒
カスタム露出
最大120秒の長時間露光を可能にする手動および半自動の設定により夜空を綺麗に撮影
クイックスイッチ(QS)ボタン
フロントとバック画面の切り替え、モード変更、カスタム設定など様々な機能を選択
SnapShot
シャッターボタンを押すと電源が入り2秒以内に撮影
音声操作
撮影やデバイスの電源をオフにするなど必須の機能を簡単操作

バッテリーの評判・口コミを調査

GoProよりも電池持ちに定評があるようですが、実際に使用した感じですと連続撮影で約2時間ぐらいで電池が切れた印象。旅行や長時間の利用を考えている場合は、予備バッテリー必須だと思います。

ちなみに、バッテリー自体は気温-10℃の厳しい環境でも動くので様々な目的で使用は可能です。

\Osmo Actionがレンタル出来る!出費を抑えたい”あなた”はこちらをチェック!!/

Osmo Action(オズモアクション)をレンタルで使ってみた評価レビュー

Osmo Action(オズモアクション)をレンタルして使ってみた評価をまとめました。

評価基準は、購入前に気になる「手ブレ」「使いやすさ・機能性」「バッテリー」の3つで個人的見解をもとに評価しました。レンタルで利用した実体験の評価なので購入を考えてる人は参考になると思います。

手ブレ補正の評価は★★★★★

手ブレの評価は星5つ。評判にもあったように車のミラーに付けて使用しても綺麗に撮れる安定な映像は非常に高評価です。

私は歩いて撮影してみましたが、ほぼ手ブレのない映像を撮影できました。他のアクションカメラと比較しても、一番手ブレの少ない印象なのでスポーツ時でも綺麗な映像が撮影できると思います。

使いやすさ・機能性の評価は★★★★★

Osmo Action(オズモアクション)の機能は、操作も画面をタッチして選ぶだけなので簡単に操作方法を読まなくても問題なく使いこなせました。また、8倍スローモーションやカスタムモードという頻繁に使用する撮影モードを保存することができるのも魅力的。

防水性にも優れているので、水中や雨に濡れても壊れることがないのは嬉しいです。このような点から、使いやすさ・機能性の評価は星5つとさせて頂きました。

バッテリーの評価は★★★☆☆

バッテリーの評価は星3つ。電池が2時間ぐらいで切れるのが個人的にはマイナスポイントになりました。

ただ、バッテリー問題は予備のバッテリーを合わせて持っておけばいいので購入を考えている人は合わせてバッテリーの購入もしたほうがいいと思いますよ。

Osmo Action(オズモアクション)の総合評価は★★★★☆

Osmo Actionの総合評価は、星4つです。
バッテリーのマイナス点もありますが、それ以上に機能面やGoProよりも手ブレしない点は非常に好感を持ちました。コンパクトで持ち運び便利ですし、機能がアップデートされるので長期間使用しても衰えない魅力もあります。

その分、本体価格が結構する商品にはなりますので、失敗しないために一度レンタルで試してみることを個人的にはおすすめします。

今回、Osmo Actionを利用してみて、個人的に「満足する人」「満足しなさそう人」はこんな人ではないかと感じた人を紹介します。

Osmo Action(オズモアクション)を購入して満足する人・満足しなさそう人

まず、Osmo Action(オズモアクション)を買って満足する人はこんな人だと思います。

  • ブレのない動画撮影をしたい
  • 8倍スローモーションで撮影したい
  • 決まったモードを保存して使用したい
  • 水中や極寒な環境下で使用したい
<< Osmo Actionがレンタルできる!? >>

反対に満足しない可能性が高い人は、こんな人だと思います。

  • できるだけ広角な撮影したい
  • 360°撮影をしたい
  • GoProの外観に魅力を感じる

このような人は、Osmo Actionでは満足しない可能性が高いと体験して感じました。自分はOsmo Actionで、満足しなさそうと感じた方はGoProも検討してみてください。

※商品名をクリックするとレンタルページに飛びます

広角で撮影したい方には
HERO8 Black
360°撮影をしたい方には
MAX
GoProの外観に魅力を感じる
HERO7 silver

Osmo Action(オズモアクション)におすすめなアクセサリー

DJI Osmo Action バッテリー

DJI-Osmo-Action-バッテリー

最大容量1300mAhで、Osmo Actionの撮影時間を大幅に延長できる予備バッテリー。取り付けも簡単です。

ただ、このバッテリーはOsmo Action専用となり他のOsmoシリーズ商品やアクションカメラへのご使用はできません。

DJI Osmo Action 充電キット

DJI-Osmo-Action-充電キット

DJI Osmo Action専用バッテリー充電器です。
バッテリーを最大3個まで収納し充電ができ、3個のバッテリーを約130分で充電してくれます。

先ほどのバッテリー同様、Osmo Action専用となり他のOsmoシリーズ商品やアクションカメラへのご使用はできません。

Osmo Action(オズモアクション)をまずレンタルから始めてみては?

家電量販店で試して購入するのもいいですが、実際に利用してみないと分からないことも多いと思います。

いきなり購入するには高額な商品になりますので、一度レンタルで試してから購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

<<私はここでOsmo Actionをレンタルしました>>

タイトルとURLをコピーしました