その他

ロゴスのハイパー氷点下クーラーmは高性能?利用者のレビューや使用方法などを徹底解説

その他

「長旅でクーラーボックスを使用することがあるんだが、保冷力や持ち運びが不便。ロゴスのハイパー氷点下クーラーmと言う商品があるんだけど、実際のところどうなんだろう?利用者のレビューや使用法が知りたいな。」

本記事では上記のような悩みを解決するために、ロゴスのハイパー氷点下クーラーmについて徹底解説◎

製品の特徴や利用者の口コミ・使用方法まで詳しくご紹介します。

ロゴスのハイパー氷点下クーラーmへの理解を深め、自分にとってベストな商品なのか判断できるようになりましょう♪

\ハイパー氷点下クーラーmはレンタルも可能!/

ロゴスのハイパー氷点下クーラーmとは?特徴を紹介

まずは、ロゴスのハイパー氷点下クーラーmの特徴からご紹介します。

ロゴスはアウトドア用品を取り扱っているブランドで、創立から30年経過している企業です。

ハイパー氷点下クーラーmは上記のようなブランドが開発しており、アイスクリームも保存できてしまえる程、優れたクーラーボックスとなっています。

製品の情報は以下の通りです。

製品名 ロゴス(LOGOS) クーラーバッグ ハイパー氷点下クーラー Mサイズ
本体サイズ 約24×30×24cm
重量 約900g
材質 EVA、PP、PE、PVC、ナイロン
容量 ・350ml缶が16本
・ペットボトル500mlが12本
価格 8,800円

Mサイズで、最もコスパが良い商品なのでおすすめします。

また、以下のような3つの特徴があり、高性能です。

  • 冷凍で13時間
  • 保冷で24時間
  • 外部への水漏れなし

1泊以上のキャンプなら、40Lの容量があるXLサイズを選ぶのもありですが、冷凍で7時間、保冷時間が18時間程度とMサイズよりも短く、値段も高いためMサイズがおすすめです。

また、多くの保冷剤を入れればより長い時間保冷可能なので、1泊以上のキャンプでも困りません。

ハイパー氷点下クーラーmのメリット

続いてハイパー氷点下クーラーmのメリットについて、詳しく解説します。

ハイパー氷点下クーラーmを使用して得られるメリットは、以下の3つです。

  • 外側は頑丈
  • 畳めるためコンパクトに使用可能
  • 取り外しができるカバー

他のクーラーボックスでは欠点となってしまう部分でも、ハイパー氷点下クーラーmなら気にする必要がありません。

前述したハイパー氷点下クーラーmの3つのメリットについて、解説しましょう。

外側は頑丈

ハイパー氷点下クーラーmはソフトタイプですが、外側は頑丈な作りとなっています。

そのため、多少の衝突では壊れにくく安心して使用できるでしょう。

特に、登山などの荒れた場所での使用だと、周囲の岩などに衝突することがあるため、よりメリットが感じられます。

折り畳めるためコンパクトに使用可能

ハイパー氷点下クーラーmは折りたためるので、コンパクトなサイズへと縮小可能です。

そのため収納時に困ることがなく、車内に載せても邪魔になることはありません。

使用時、収納時など使い分けられるのは便利ですよね♪

取り外しができるカバー

ハイパー氷点下クーラーmは、取り外しができるカバーとなっています。

しかも防水加工となっているため、洗浄可能です。

取り外しができるカバーにより、洗いやすいでしょう。

ハイパー氷点下クーラーmのデメリット

一方、ハイパー氷点下クーラーmにはデメリットもあり、使用する際には配慮しておく必要があります。

ハイパー氷点下クーラーmのデメリットは、以下の2つです。

  • ファスナーが閉まりにくい
  • 臭いが溜まりやすい

前述したハイパー氷点下クーラーmの2つのデメリットについて、解説しましょう。

ファスナーが閉まりにくい

折り畳みをする際、ファスナーは閉まりにくい仕様になっています。

上記は丈夫な断熱材を折り畳むので仕方がないことですが、ファスナーが壊れてしまわないか不安になってしまうことでしょう。

臭いが溜まりやすい

ハイパー氷点下クーラーmは、折り畳みの状態にしておくと密封空間になるため、中身に臭いが溜まりやすくなってしまいます。

そのため、使う度に中身を空けておく必要があるでしょう。

ハイパー氷点下クーラーmの使用方法


次に、ハイパー氷点下クーラーmの使用方法について、解説しましょう。

手順は以下の画像の通りです。


使用方法は簡単なので、誰でもストレスフリーに使えます。

ただし、保冷材は別途で購入する必要があるので、念頭に置いておきましょう。

ハイパー氷点下クーラーmの実際の口コミや評判

ハイパー氷点下クーラーmを、利用した方達での評判はどうなのか気になりますよね。
そこで、実際の口コミや評判を紹介します。

良い口コミだけでなく、悪い評判もまとめました。
購入を検討する際に、ぜひ参考にしてくださいね。

ハイパー氷点下クーラーmの良い評判や口コミ

まずは、ハイパー氷点下クーラーmに関する良い評判や、口コミからまとめていきます。

肯定的な意見では以下のようなものが見られました。

良い評判で見られたのが、仕事先などの外出先でも役立っているとのことでした。

やはり、飲食料品をしっかりと冷やしてくれているようです。

また、コンパクトに折り畳める点も好評でした。

少しコツがいるとのことですが、臨機応変にできるのはありがたいですよね。

ハイパー氷点下クーラーmに関する悪い評判や口コミ

続いて、ハイパー氷点下クーラーmに関する悪い評判や、口コミを見ていきましょう。

否定的な意見で見られたのは以下のような意見です。


容量が十分に大きいと言う訳ではないので、大きな飲料を入れる際には一工夫が必要となってきます。

また、無理をして入れてしまうとファスナーを閉める際に、壊れてしまう可能性があるため、無理な詰め込みは避けましょう。

ハイパー氷点下クーラーmをおすすめできる方

ハイパー氷点下クーラーmは、下記の3つに該当する方におすすめです。

  • 1泊ぐらいのキャンプをする方
  • ドライブをする方
  • 適度に洗浄できる方

1泊ぐらいのキャンプをする方

1泊ぐらいのキャンプなら、十分保冷できる程のパワーを持っています。

そのため、上記の泊数でのキャンプを予定している方には、おすすめです。

また、多くの保冷剤を用いれば2泊以上も可能なので、長めのキャンプでも一応利用できるでしょう。

ドライブをする方

前述した通り、コンパクトに折り畳めるため、ドライブでも邪魔になりにくく持ち運びができます。

そのため、ドライブをする方でもおすすめできる商品です。

適度に洗浄できる方

ハイパー氷点下クーラーmは、使用する度に洗わないと臭いが溜まっていき、悪臭を出してしまいます。

そのため、適度に洗浄できる方におすすめです。

ハイパー氷点下クーラーmをおすすめできない方

ハイパー氷点下クーラーmは、下記の2つに該当する方には、おすすめできません。

  • ファスナーを強く閉めてしまう方
  • 大人数でキャンプをする方

ファスナーを強く閉めてしまう方

ハイパー氷点下クーラーmは、ファスナーが閉まりにくいため、無理に閉めてしまうと壊れてしまう可能性があります。

特に、ファスナーを強く閉めてしまう方だと、すぐに壊れてしまう可能性があるので、おすすめできません。

大人数でキャンプをする方

ハイパー氷点下クーラーmは容量があまりないため、大量の飲食料品を入れられないでしょう。

そのため、大人数でのキャンプには向いていません。

まとめ

ハイパー氷点下クーラーmは、容量に関しては物足りない点はありますが、耐久性、保冷効果、利便性が良く、コスパが良いためおすすめです。

使用頻度が高くないから持っていたくないな・・・と考える方にはレンタルがおすすめ!
ゲオあれこれレンタルではアウトドア用品もレンタル可能です。

\ハイパー氷点下クーラーmはレンタルも可能!/

タイトルとURLをコピーしました