オーディオ機器

音漏れが気になる?ソニーの「LinkBuds」レビューや口コミ・評価まとめ!

オーディオ機器

穴の空いたユニークな形状が注目を集めているソニーのワイヤレスイヤホン「LinkBuds」。

ながら聴きに便利だと評判ですが、どれくらい外の音が聞こえるのか、音漏れしないのかといったことも気になりますよね?

そこで今回は、LinkBudsのレビューや口コミ・評価をまとめてメリット・デメリットを整理します。

LinkBudsの購入を迷われている人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください!

\LinkBudsはレンタルも可能!/

ソニーのワイヤレスイヤホン「LinkBuds」とは?


ソニーが2022年2月25日に発売した完全ワイヤレスイヤホンが「LinkBuds(WF-L900)」です。

さまざまなコンテンツと常につながっていたい、というニーズに応えるためとして「Link」を含めた名称になりました。

形状も含めて、LinkBudsにはさまざまな特徴があります。

外の音が聞こえるユニークな穴空き形状


なんといってもLinkBudsの最大の特徴は、外の音が聞こえるユニークな穴空き形状です。

穴の空いたリング形状に沿う形で、12mm口径リング型ダイナミックドライバーユニットを内蔵。

また、SONYロゴが入った場所に、マイクを含めたイヤホンの基盤部などを格納しています。

装着時は、全5サイズあるシリコン製のフィッティングサポーターも使って耳にフィットさせましょう。

イヤホン1つの質量は最軽量クラスの4.1g

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン史上、最小かつ最軽量(2022年2月時点)!

片方のイヤホン本体で500円玉くらいの大きさ、10円玉1枚(4.5g)より軽いたったの約4.1gです。

小さいながらも本体はIPX4相当の防滴性能を有しており、雨や汗程度なら問題ありません。

高音質を実現するメインチップ「統合プロセッサーV1」


ソニーのフラッグシップモデルである「WF-1000XM4」にも採用されている「統合プロセッサーV1」をメインチップに採用しています。

圧縮音源を原音に近い音で再現できる「DSEE」技術も組み合わせることで、小型の本体から驚くほどの高音質を実現。

Bluetooth信号の左右同時転送技術にも対応しており、接続安定性が向上して動画視聴時の遅延も低減されています。

なお、BluetoothコーデックはSBC・AAC対応です。

急速充電に対応したバッテリーは最長17.5時間


急速充電に対応したバッテリーの持続時間は、本体のみで約5.5時間、ケース充電込だと最長で約17.5時間。

10分の充電で90分の再生が可能なので、途中で短い本体の充電を挟めばほぼ一日中使えますね。

現実とバーチャルの融合を進化させるアプリ連携


LinkBudsは空間オーディオ360 Reality Audio認定モデルであり、周囲の音が聞こえる構造と合わせて、現実とバーチャルの融合がもっとも進むイヤホンといえます。

ぜひ、アプリを連携して新感覚の音響体験を味わいましょう。

対応アプリの1つは、ソニーが提供するSound ARアプリ「Locatone」。

首を振ると、その動きに合わせて仮想世界の音の聞こえ方が変化します。

さらに周囲の音も聞こえるので、聴覚的なARの没入体験が楽しめますよ。

ほかにも、3Dオーディオマップアプリ「Microsoft Soundscape」と連携することで、音声とビーコンだけの道案内が受けられます。

2022年内にはAR位置情報ゲーム「Ingress」との連携も予定されており、未来型デバイスの1つとして今後もLinkBudsは発展していくでしょう。

サステナブルな製品開発を目指して再生素材を使用


ソニーのヘッドホン製品としてははじめて(2022年2月時点)、本体とケースの外装部分に再生プラスチックを使用するなど、LinkBudsはサステナブルを意識した製品でもあります。

さらに、包装にはほぼプラスチックを使用していません。

ソニーの環境中期目標「Green Management 2025」で設定している「新たに設計する小型製品のプラスチック包装材全廃」の取り組みの一環であり、意識の高さがうかがえます。

周囲の音と調和するためのさまざまなテクノロジー

周囲の音が聞こえてしまうLinkBudsでも違和感なく装着者が過ごせるように、LinkBudsにはさまざまなテクノロジーが搭載されています。

周囲の騒音に応じて自動で音量が変更される「アダプティブボリュームコントロール」があれば、自分で音量を調整する必要がありません。

「すみません」などと声を発したときは、会話が始まることを「スピーク・トゥ・チャット」機能が察知して、自動的に再生中の音楽を停止・消音してくれます。

通話にLinkBudsを使う際は、「高精度ボイスピックアップテクノロジー」が機械学習で装着者の音声とそれ以外の環境音を区別してくれるので、クリアな音声を相手に届けられるでしょう。

LinkBudsの使い方


LinkBudsの使い方は、タップ操作になります。
LinkBudsを装着した状態で、耳の近くをタップすれば反応してくれる「ワイドエリアタップ」に対応。

初期状態では、左右どちらでも2回タップで再生・一時停止になります。

また、3回タップはスキップ(次の曲へ)。
「Sony | Headphones Connect」アプリを使えば、タップ操作のカスタマイズや音声アシスタントの呼び出しなどの登録も可能です。

音量アップ・ダウンをタップ操作したい場合も、アプリで設定しましょう。

LinkBudsのレビューや評価・口コミからわかるメリット

LinkBudsのレビューや評価・口コミをツイッターから集めました。

LinkBudsはこれまでのイヤホンとは大きく異なるため、特筆すべきメリットが数多く存在します。
順番に見てみましょう。

「ながらイヤホン」として使いやすい

まず第一のメリットは、骨伝導イヤホンなど他のイヤホンと比べてもLinkBudsは「ながらイヤホン」として非常に優秀ということです。

周囲に人がいる状況でも音楽を流しながらの作業ができたり、通話やウェブ会議のクリアな音声を聞きながら周囲の音も拾えたりします。

それだけでなく、特殊な形状のおかげでこれまで「ながら作業」が難しかった人もイヤホンが使えているようです。

他のながら用イヤホンより音質が優れている

さすがに本格的なサウンドとまではいきませんが、周囲の音が聞こえる特殊な構造にもかかわらず非常に音質が優れていることも、LinkBudsの大きなメリットです。

他のながら用イヤホンより音質が優れているという声もあります。

新しいAR体験が得られる

現実とバーチャルを融合する新しいAR体験を提供してくれる点も、LinkBudsは優れています。

周囲の環境音が聞こえることも含めて、非常に自然なレベルで音のAR体験が楽しめることでしょう。

ワイドエリアタップ対応なので操作しやすい

LinkBudsの操作は直接ボタンを触るのではなく、耳周辺をタップするだけのワイドエリアタップ対応なので操作しやすいと評判です。

振動さえ伝われば操作できるので、ボタンを押すよりスムーズ◎

本体を触る必要がないので、装着感が変わってしまう心配もありません。

LinkBudsのレビューや評価・口コミからわかるデメリット

特殊な構造ということもあって、LinkBudsのレビューや評価・口コミを見てみるとデメリットを感じている人も一定数存在しています。

購入を検討する際は、ここでしっかりとデメリットも把握しておきましょう。

音漏れする

構造上、どうしても音漏れが発生してしまうことはLinkBudsの大きなデメリットです。

電車やバス内など、環境音が大きい場所でも人がいる場合は、音量をある程度小さくする必要がありますね。

オーケストラなどの音楽は迫力に欠ける

音質が優れているとはいえ、さすがに音質を追求した本格的なイヤホンと比較すると、迫力に欠けるなどのデメリットがあります。

普段のながら聴きはLinkBudsを使い、オーケストラなどを堪能したい場合はソニーのフラッグシップモデル「WF-1000XM4」といったもう一段音質が上のイヤホンを使うなど、使い分けたほうがよいかもしれません。

ワイドエリアタップが誤作動する

使い方や人によっては、ワイドエリアタップの感度が良すぎるため誤作動してしまうこともあるようです。

食事など耳周辺が何度も振動するときは、ワイドエリアタップをオフにするなどして対応する必要があるでしょう。

人によっては耳が痛くなりやすい

人によっては、他のイヤホンよりも耳が痛くなりやすい点も、LinkBudsのデメリットといえます。

形状としてはインナーイヤー型イヤホンからイヤーパッドを外したような状態なので、クッション性がほとんどないことが一因でしょう。

ながら聴きに便利とはいえ、適度に耳を休ませることも大切といえます。

バッテリーの持続時間がやや短い

完全ワイヤレスイヤホンのなかでは、LinkBudsのバッテリーの持続時間はやや短い方であり、長時間使いたい人にとってはデメリットになります。

本体のみだと約5.5時間の持続時間なので、一日中装着しておくには心もとないかもしれません。

ケース充電込だと約17.5時間まで持続時間を長くできるので、ちょっとした合間にこまめな充電をするなどして対策しましょう。

耳への装着が難しい

特殊な形状をしているLinkBudsは耳への装着が難しく、苦戦する人が続出しています。

公式の動画がわかりやすいので、万一のために予習しておくとよいでしょう。

LinkBudsの基本スペック一覧

LinkBudsの基本スペックを表でまとめました。
以下の表も参考にして、LinkBudsの購入を検討しましょう。

ドライバーユニット ダイナミック、12mm口径リング型
本体質量 約4.1g×2
電源 リチウムイオン
充電方法 USB充電(ケース使用)
連続音声再生時間 最大5.5時間
連続音声再生時間(ケース充電込) 最大17.5時間
連続通話時間 最大2.5時間
電池持続時間(待受時間) 最大11時間
Bluetooth Ver.5.2(SBC・AACコーデック対応)
防水性能 IPX4(防滴)
カラー ホワイト, グレー
付属品 フィッティングサポーター×5、USB Type-Cケーブル、保証書
レンタル

LinkBudsを装着して新しいイヤホン体験を味わおう!

今回は、ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds(WF-L900)」のレビューや口コミ・評価をまとめました。

唯一無二の形状で「ながら聴き」に最適なだけでなく、音質や使い勝手にもとことんこだわったイヤホンです。

LinkBudsを装着して、周囲の音とイヤホンからのサウンドが調和する新しいイヤホン体験をぜひ味わってください!

\LinkBudsはレンタルで試せる!/

タイトルとURLをコピーしました