生活家電

おすすめの加湿器で快適な湿度を保とう!選び方もご紹介

生活家電

風邪予防や肌を乾燥から守るためなど、快適な湿度で心地よく過ごすのに加湿器は欠かせません。
しかも最近はアロマを焚けたり、抗菌仕様であったり様々なタイプのものがあり、デザインも充実しています。

この記事では様々な加湿器のタイプを知り、よりよい選び方やおすすめの機種をご紹介していきます。

美容面で肌を乾燥から守るためや、風邪予防のためなど乾燥が気になる季節に役立つ加湿器。
そんな加湿器ですがどういった種類があり、どんなふうに選べばよいのでしょうか。

加湿器ってどうやって選んだらいいの?

まず、加湿器には様々な加湿の仕方があり、それによって加湿性能や消費電力、使用するうえでの注意点なども異なります。
それぞれの違いを見ていきましょう。

加湿方式の違い

加湿器にはその加湿方式の違いにより、メリットやデメリットがあります。

そこで市販の加湿器で使われている加湿方式(スチーム式、気化式、超音波式、ハイブリット式)についてそれぞれ見ていきましょう。

スチーム式

お風呂の湯気のようにタンクの水を過熱して蒸気を作る方式です。
水を煮沸することによる雑菌の抑制が期待できるため衛生的で、かつ加湿のスピードが速いので、乾燥がとても気になる方におすすめです。

しかし他の方式と比べて加熱に多くの電力を消費するため、電気代は高くなりがちです。

加湿のスピードが速い分湿度の保持力が非常に高いため、過度な加湿にならないように気を付けましょう。
また、加熱により吹き出し口が熱くなるので子どものいる家庭での利用には注意が必要です。

気化式

気化式は、フィルターに水を吸わせて風で蒸発させることで加湿する方式です。
空気清浄機と一体型の加湿空気清浄機は、ほとんどがこの気化式となっています。

水を加熱しないため電気代が安く、熱も発生しないのがメリットです。
しかし水のタンクやフィルターが濡れた状態で長時間放置するため雑菌やカビが発生しやすく、定期的なお手入れや交換が必要になります。

また他の方式と比べて加湿のスピードが遅いのもデメリットです。

超音波式

超音波を発生させることにより、水を気化して加湿する方式です。
熱が発生しないので熱くならず、やけどなどの心配がほとんどなく、消費電力も少ないです。
また、コンパクトでデザイン性が高いモデルも多く、霧状に噴出できる特性を利用してアロマがセットできるモノも多くあります。

インテリアとして、テーブルやベッド脇にも置きやすいのがメリット。
しかし他の方式に比べて加湿性能が劣り、熱を利用しないため雑菌が繁殖しやすく小まめなお手入れが必要になるのがデメリットです。

また気化式やスチーム式に比べて水の粒が大きく、周囲の床や壁を濡らすことがあるので、設置場所に気をつけましょう。

ハイブリット式

ハイブリット式は各加湿方式のデメリットを補い合うように作られています。
ハイブリット式には2つの方式があります。

・気化式×温風気化式(加熱×気化式とも言います)
「気化式×温風気化式」は、気化式のフィルターにヒーターで加熱した風を送り、加湿力を強めたタイプ。
送風ファンがある方式なので、早く広範囲に加湿できます。
また、やけどの危険性が低いです。

デメリットはフィルターが常に湿っているので、雑菌やカビが発生しやすく、定期的にフィルターのメンテナンスが必要となります。

・超音波式×加熱式
「超音波式×加熱式」は、ヒーターで加熱した水を超音波で霧状にして放出する方式です。
静音性が高く、水を加熱することで衛生面とパワーを向上させています。
しかし床や壁が濡れやすく、水濡れに弱い家電や家具から離して使う点に注意が必要です。

また消費電力がやや高くなる傾向があります。

加湿性能や抗菌などの仕様

加湿器にはそれぞれの加湿方式の他に仕様として加湿性能の違いがあります。
また抗菌などの特別な仕様があるモデルもあります。

高額な機種では、消費電力を抑えながら稼働する「エコモード」や本体のセンサーなどで湿度を感知し、設定した湿度に自動的に保つ「湿度自動調節機能」などを搭載したモデルもあります。

その他の点として、加湿方式でも触れましたが、加湿器は雑菌が増えやすいものも多いため、お手入れのしやすい設計や仕様になっているかなども購入の際のチェックポイントです。

雑菌やカビの蔓延は健康被害にも繋がるためしっかりチェックしましょう。

部屋の広さに合った加湿性能

加湿性能は加湿器を選ぶうえで重要なポイントです。

本体が大きくても加湿量が少なかったり、逆にコンパクトに見えて加湿量が優秀だったりと、機種によっても大きな差が出る部分なので購入の際にしっかり確認しましょう。

部屋の広さに合った加湿性能はどのくらいを目安にしたらよいのでしょうか。
一般的な目安として、

  • 寝室などの個室は300mL/h~500mL/h
  • リビングなら700mL/h~900mL/h
  • オフィスや店舗なら1500mL/h以上

となっています。

寝室で使うなら、静音性を重視したナイトモード、タイマー機能などを持つ機種がおすすめです。

リビングでは広い部屋をスピーディに加湿するために、設定湿度に達するまで加湿量をアップするターボモードのあるモデルや、子どもがいる場合は吹出口が熱くなるスチーム式以外を選び、チャイルドロック機能があるモデルを選ぶなど、置く場所を想定して搭載機能も選んでいきましょう。

また、加湿スピードと電気代を重視するなら、ひとクラス上の加湿量を選ぶのもおすすめです。

一般的に部屋のサイズにピッタリの加湿量よりもひとクラス上のほうが、加湿のスピードの面でも電気代の面でもお得です。

しかしクラスが上になるとタンクの容量も大きくなるため、給水の際にタンクが持ち運びやすく設計されている機種を選ぶのがよいです。

主要メーカーのおすすめ製品

ここからは主要メーカーのおすすめ加湿器をご紹介します。

象印 EE-RQ50

加湿方式 スチーム式
最大加湿能力 480mL/h
最大加湿時間 24時間
タンク容量 3L
大きさ 幅240×奥行260×高さ315
販売価格 24,780円

こちらの加湿器はポットのようなシンプルな構造で、「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」を兼ね備えた安心設計が魅力の加湿器です。

スチーム式はやけどのリスクが方式上大きいですが、安心設計なため子供のいるご家庭でも使用しやすいです。

フィルターを搭載していない構造もポイントで、容器の口が広く設計されているほか、内部にはフッ素加工も施されているので、お手入れに手間がかかりにくい点も魅力です。

アイリスオーヤマ SHM-260R1

加湿方式 スチーム式
最大加湿能力 260mL/h
最大加湿時間 9時間
タンク容量 2.4L
大きさ 幅150×奥行245×高さ280
販売価格 2,930円

最大加湿能力260mL/hとやや低めですが、約1.2kgという軽さが魅力的で寝室などでサイドテーブルに置いて使うのにぴったりのサイズ感です。

タンク内の一部のみを沸騰させる構造なので、スチーム方式のわりに消費電力が抑えめです。
本体価格も数千円と安く、コストパフォーマンスに優れた加湿器となっています。

シャープ プラズマクラスター加湿器 HV-P75

加湿方式 加熱×気化式
最大加湿能力 約750ml/h(強+ヒーター) /200ml/h(静音)
最大加湿時間 約5.3時間(強+ヒーター) /19時間(静音)
タンク容量 約4.0L
大きさ 幅272×奥行220×高さ455
販売価格 18,490円

簡単に給水できる気化ハイブリット式の加湿器で、本体の上から直接水を注ぐ方法と、タンクを取り外して給水する方法の2つに対応しています。

ヒーターレスで動作できるエコモードを搭載しており、経済的にも優れています。
また、シャープ独自の「プラズマクラスター」を搭載しており、カビ菌やウイルスの抑制・消臭効果が期待できます◎

アピックス SHIZUKU touch+ FSWD2201

加湿方式 超音波式
最大加湿能力 300ml/h
最大加湿時間 不明
タンク容量 約3.3L
大きさ 幅227x奥行220x高さ330
販売価格 4,980円

超音波式はデザインに優れたモデルが多く、こちらの加湿器もしずく型のおしゃれなデザインを採用しています。

タンク内に抗菌カートリッジを搭載し、雑菌を抑制しながら使用することができます。

加湿量を無段階で調節でき、湿度に応じて好みの加湿量を選択できます。
オフタイマーは2~6時間に設定可能です。
また、LEDライトを搭載しており、アロマにも対応しているためデザインと香りで加湿のみならずおしゃれな空間を演出できます。

山善 スチームキューブマグ KS-J242

加湿方式 スチーム式
最大加湿能力 300mL/h
最大加湿時間 8時間
タンク容量 2.4L
大きさ 幅195×奥行200×高さ285
販売価格 9,500円

山善のスチーム式の加湿器です。
コストパフォーマンスが高くシンプルなデザインが特徴。
上部のフタを開けて上から水を注ぐだけの上部給水方式です。
タンクの奥まで手が届くのでお手入れもしやすい設計となっています。

ボタンは2種類のみで直感的に操作できます。
シンプルな最低限の機能でリーズナブルな機種が欲しい方にうってつけですよ。

ナカトミ SFH-12

加湿方式 スチーム式
最大加湿能力 1200ml/h
最大加湿時間 7.5時間
タンク容量 4.6L×2
大きさ 幅326×奥行290×高さ415
販売価格 16,600円

大容量で広い空間に使える点が魅力のスチーム式の加湿器です。
4.6L×2個の大容量タンクにより、企業・学校・役場などのオフィスや食堂などの人の集まる場所や広いリビングなどにぴったりの加湿性能を備えています。

操作パネルも見やすく視認性も抜群です。

バルミューダ Rain ERN-1100SD

加湿方式 気化式
最大加湿能力 600ml/h
最大加湿時間 最大25時間
タンク容量 4.2L
大きさ 幅350×奥行き350×高さ374
販売価格 49,500円

こちらの加湿器は約50%の湿度を作れる気化式の加湿器です。
乾燥した空気を除菌効果が期待できる「酵素フィルター」から水を含んだ「吸水フィルター」へ通すことで、湿度を含んだきれいな空気で加湿できます。

他の一般的な加湿器のようなタンクをなくし、給水ボウルに注いだ水を貯める構造を採用しているため、洗剤などで丸洗いできるのも特徴。

ツボのような丸みを帯びたおしゃれなデザインで高性能とデザイン性を兼ね備えた機種です。

ダイキン MCK70X

加湿方式 気化式
最大加湿能力 650ml/h
最大加湿時間 不明
タンク容量 3.6L
大きさ 幅395×奥行287×高さ600
販売価格 42,280円

高い加湿能力と空気清浄能力を兼ね備えた加湿空気清浄機です。
加湿能力はも高く、加湿運転時に清浄能力が低下せず、フィルターなどもストリーマ除菌で衛生的に使い続けられます。

乾燥とハウスダストなど、空気中の汚れのどちらも気になる方に広い部屋にもぴったりの高機能なモデルです。

Dyson Pure Humidify + Cool PH03

加湿方式 気化式
最大加湿能力 350ml/h
最大加湿時間 最大36時間
タンク容量 5L
大きさ 幅312×奥行312×高さ923
販売価格 88,000円

ダイソンを代表する製品である「羽のない扇風機」に加湿機能と空気清浄機能をプラスしたモデル。

加湿能力は350mL/hでやや低めではありますが、サーキュレーターと併用することで加湿された空気を部屋中に届けます。

お手入れもボタンひとつで非常に簡単なうえ、アプリと連携することでスマートフォンからコントロールできるスマートさも兼ね備えています。

加湿、空気清浄、扇風機と汎用性の高いスタイリッシュな一台です。

コロナ UF-H5021R

加湿方式 加熱×気化式
最大加湿能力 500ml/h
最大加湿時間 最大25時間(静音)
タンク容量 4L
大きさ 幅355×奥行165×高さ362
販売価格 10,780円

コロナの加熱×気化式のハイブット加湿器です。
この加湿器の大きな特徴として加湿フィルターが回転することです。
まんべんなくフィルターが濡れ、しっかりと加湿できるようになっています。

また加湿フィルターは運転停止時には水に浸らないよう水平な状態となるため、カビの繁殖が抑制でき、衛生面でも優れた1台となっています。

ダイニチ HD-RX500A

加湿方式 加熱×気化式
最大加湿能力 500ml/h
最大加湿時間 10時間
タンク容量 5L
大きさ 幅375x奥行175x高さ375
販売価格 15,850円

加熱×気化式のハイブリット加湿器です。
「おやすみ快適モード」を搭載しており、睡眠時も気にならない静音性の高さが特徴。

昨今増えているテレワーク時などにも気にせず使えます。
トレイ内の雑菌の繁殖を抑える抗菌フラットトレイなど、4つの抗菌加工を備えており衛生面にも優れています。

アイリスオーヤマ UHK-500

加湿方式 加熱×超音波式
最大加湿能力 500ml/h
最大加湿時間 9時間
タンク容量 4.5L
大きさ 幅202×奥行218×高さ323
販売価格 6,154円

アイリスオーヤマの加熱超音波式のハイブリット加湿器です。
水や吹き出し口が熱くなることもなくお子様のいるご家庭でも安心して使用できます。
また、静電のタッチパネルを搭載しており操作も簡単です。

給水方法が2パターンあり、タンクを外した給水とタンクを外すことなく上から楽に給水することもできます。

アイリスオーヤマ HDK-35

加湿方式 加熱×超音波式
最大加湿能力 350ml/h
最大加湿時間 12時間
タンク容量 約4.5L
大きさ 幅230×奥行165×高さ312
販売価格 6,300円

こちらもアイリスオーヤマのハイブリット加湿器です。
加熱×超音波式で運転時の音も気にならず就寝時にも活躍。

節電モードも搭載しており、最大12時間加湿可能でコストパフォーマンスに優れています。
リーズナブルでコンパクトなハイブリット加湿器が欲しい方におすすめな商品です。

ドウシシャ DKW-2130

加湿方式 超音波式
最大加湿能力 300ml/h
最大加湿時間 6.5時間
タンク容量 約2.0L
大きさ 幅165×奥行165×高さ285
販売価格 4,670円

こちらの製品はアロマケースを搭載した卓上でも使える加湿器です。
フェルトに市販のアロマオイルを染みこませてセットし加湿することで、アロマの香りが部屋に広がります。

また、3段階の加湿量切り替えに対応していて、ほか内蔵の湿度センサーを活用したオート運転により、自動で快適な湿度を保つことができます。

カドー STEM300 Black Premium

加湿方式 超音波式
最大加湿能力 300ml/h(強モード)
最大加湿時間 23時間
タンク容量 3.5L
大きさ 直径210×高さ354
販売価格 30,800円

スタイリッシュで静音性に優れたカドーの超音波式加湿器。
コンパクトで置き場所を選ばず設置しやすいです。
また、静音性に優れているうえ、LEDライトを搭載しているため寝室のベッドサイドなどにと特におすすめ。

湿度が約50%以上なら青、のように湿度によって色が変わるイルミネーションが搭載されているので視覚的に簡単に加湿状況を確認できます。

おすすめの加湿器まとめ

今までおすすめしてきた加湿器を表にしてまとめましたので、参考にして下さい。

商品名 象印 EE-RQ50 アイリスオーヤマ SHM-260R1 山善 スチームキューブマグ KS-J242 ナカトミ SFH-12 バルミューダ  Rain ERN-1100SD ダイキン MCK70X Dyson Pure Humidify + Cool PH03 シャープ プラズマクラスター加湿器 HV-P75 コロナ UF-H5021R ダイニチ HD-RX500A アイリスオーヤマ UHK-500 アイリスオーヤマ HDK-35 ドウシシャ DKW-2130 アピックス SHIZUKU touch+ FSWD2201 カドー STEM300 Black Premium
画像
加湿方式 スチーム式 スチーム式 スチーム式 スチーム式 気化式 気化式 気化式 加熱×気化式 加熱×気化式 加熱×気化式 加熱×超音波式 加熱×超音波式 超音波式 超音波式 超音波式
最大加湿能力 480mL/h 260mL/h 300mL/h 1200ml/h 600ml/h 650ml/h 350ml/h 約750ml/h(強+ヒーター) /200ml/h(静音) 500ml/h 500ml/h 500ml/h 350ml/h 300ml/h 300ml/h 300ml/h(強モード)
最大加湿時間 24時間 9時間 8時間 7.5時間 25時間 不明 36時間 5.3時間(強+ヒーター) /19時間(静音) 25時間 10時間 9時間 12時間 6.5時間 不明 23時間
タンク容量 3L 2.4L 2.4L 4.6L×2 4.2L 3.6L 5L 4L 4L 5L 4.5L 4.5L 2L 3.3L 3.5L
大きさ(mm) 幅240×奥行260×高さ315 幅150×奥行245×高さ280 幅195×奥行200×高さ285 幅326×奥行290×高さ415 幅350×奥行き350×高さ374 幅395×奥行287×高さ600 幅312×奥行312×高さ923 幅272×奥行220×高さ455 幅355×奥行165×高さ362 幅375x奥行175x高さ375 幅202×奥行218×高さ323 幅230×奥行165×高さ312 幅165×奥行165×高さ285 幅227x奥行220x高さ330 直径210×高さ354
販売価格 24,780円 2,930円 9,500円 16,600円 49,500円 42,280円 88,000円 18,490円 10,780円 15,850円 6,154円 6,300円 4,670円 4,980円 30,800円

実際に加湿器を使う人の口コミ

ここからは実際に加湿器を使用している方の声を見ていきましょう。

やはり風邪対策で加湿器をご購入される方も多いようです。
また加湿器のおかげで肌や喉の乾きの改善を実感されているかたもいますね。

加湿器を使って乾燥対策をしよう

風邪予防や喉のケア、美肌のためなど加湿器を使って乾燥対策をすることによってより健康的に過ごすことができます。

また、アロマディフューザー機能があったり、空気清浄機と一体型になっているものもあり、乾燥対策だけでなく様々な用途に使用でき、自分の生活に合った一台が見つかります。

ぜひ加湿器を使ってより素敵な空間を演出していきましょう♪

タイトルとURLをコピーしました