GoPro

GoPro HERO7 blackを徹底レビュー!体験と口コミで分かった本当の評価

GoPro

ジンバルなしでも手ブレしない撮影が可能と話題のアクションカメラ「GoPro HERO7」。

手ブレ以外にも魅力的な機能を数多く搭載しています。
「GoPro HERO7」で何ができるのか、利用してわかった内容と評判・口コミを交え評価していきます!

GoPro HERO7(ゴープロ ヒーロー7)の特徴

カメラ画質
1200万画素
ビデオ画質
4K 60fps
重量/大きさ
重量:116g
高さ:44.9mm
幅:62.3mm
奥行:33mm
価格
40,800円

驚くほどスムーズなビデオ。優れた耐久性 + 防水性。音声コントロール機能搭載のGoPro7。

HDR/ローカル トーン マッピング/ノイズ低減を駆使した機能で、どんな明るさでも美しい写真を自動的に撮影できます。
動いている間も、安定感抜群のタイムラプスビデオで撮影可能。

HERO7 Blackは、あなたの写真やビデオを新たな次元に導きます。

GoPro HERO7(ゴープロ ヒーロー7)の評判・口コミを調査!

ここからは、「GoPro HERO7」の各機能について評判・口コミを紹介していきます。
「GoPro HERO7」の購入を考えている人は参考にしてみてください。

ビデオ安定化機能「HyperSmooth」の評判・口コミを調査

動画を見ていただくとわかりますが、「gopro HERO7 Black」は動きを予測してブレを補正してくれるので、驚くほど滑らかな映像を撮影できます!

本当にジンバルなしでブレの少ない映像が撮れるので、旅行など歩きながらの撮影に適していると思います。

今までのアクションカメラやiphoneでの撮影と比較しても圧倒的に手ブレが少ないです。

耐久性+防水性の評判・口コミを調査

GoPro HERO7の防水性は、水深10mまで耐える作りになっていますので普段の生活で水に落とした程度では壊れる心配はないでしょう。

防水性が優れているため、綺麗な海中の感動を映像で記憶し友達にシェアすることも出来ます。
海中で差し込む光や、綺麗なサンゴなどなどインスタ映え間違いなしの映像が撮れそうです♪

今までは、別売防水ケースがないと海中の撮影が難しかったし、防水ケースをつけることによって映像が綺麗に撮影できないことも多かったので嬉しい進化です。

音声コントロールの評判・口コミを調査

動かなくても大丈夫。HERO7 Black は、「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能です。

集合写真を撮りたい時、タイマー設定だと急いで整列しなきゃだし自分たちのタイミングでシャッターを切れないので、半目の子が居て取り直し…など色々悩みがありましたが音声コントロールならそんな心配は無さそう!

最高の写真を撮影できる「スーパーフォト」の評判・口コミを調査

自動的に最高の写真を撮影できます。スーパーフォト搭載の HERO7 Black は、HDRやローカルでのトーン マッピング、ノイズ低減といった機能で写真を最適化します。

つまりは、写真を撮る時の光の量や動きの状態を調べて、HERO7 Blackが自動でベストな写りにしてくれるんです♪
難しい技術無しでキレイな写真が撮れるのは嬉しいですね!

ライブ ストリーミングの評判・口コミを調査


FacebookやYouTubeで今撮っている動画を配信できる機能です。これを使えば友達や色んな人とライブ感をシェアできます◎
ストリーミングしたビデオは、SD カードに高解像度で保存可能♪

TimeWarp ビデオの評判・口コミを調査


動いている間も、安定感抜群のタイム ラプス ビデオが撮影できます。
長時間の動作も、30 倍までスピードを上げてシェアすることが可能です。

iPhoneでもタイムラプス撮影可能ですが、速度が速すぎて結局アプリを使用して速度を落としたりとやや手間でした。
でもHERO7 Blackでは自分の好きなスピードで調整して録画できるので嬉しい♡

4K60ビデオ+12MP写真の評判・口コミを調査

HERO7 Blackは4K60 ビデオ映像と 12MP写真を撮影できます。

4K画質でその場の臨場感を残したまま撮影・録画ができるため、テーマパークやイルミネーションなどももちろんの事、日常の風景すらそれっぽく残せます。(インディーズバンドのPV的な)

8倍スローモーションビデオの評判・口コミを調査

超高フレームレートの 1080p240 ビデオは、8 倍のスローモーションで再生可能!スローモーションにしても画質の崩れなく場面を楽しむ事ができます。

スマホに移すとスロー再生ができず、HERO7 Black本体でしか見れないので注意です。

GoPro HERO7(ゴープロ ヒーロー7)を体験して感じた個人的評価レビュー

GoPro HERO7の良いところ

  • 手振れ補正で綺麗な映像が撮影可能
  • 持ち運びに便利
  • クオリティの高いハイパーラプス
  • 写真が綺麗に写る

HERO7 Blackは小さい手のひらサイズなのにかなり高画質で、重さも軽いので手軽。そして何と言っても手振れが本当に少ないです。スポーツ撮影などの動く被写体にはぴったりです♪

GoPro HERO7の悪いところ

  • 暗いところではノイズがはいる
  • 電池持ちが悪い
  • 画面が小さい

暗い所の撮影もキレイに写りますがやはりノイズが目立ちました…しかし、YouTubeなどでは星空撮影に成功している人もいるので、光源を自前で準備したらキレイに撮れるかも。

タイムラプス動画を1時間半ほどセットしていたら電池が切れていました。高画質撮影を続ける場合は予備バッテリー必須です。

GoPro HERO7は買い?

実際に使ってみた所、最初の設定や使い方を覚えるのに苦戦しました。
思っていた以上に本体サイズが小さかったため操作も少し手間取った印象。

合わない人もいるので買う前にお試しするのもあり◎


体験と口コミで分かった!GoPro HERO7がおすすめな人

  • 自分がプレイヤーの動画が撮りたい人
  • 旅行先で高画質な動画を撮影したい人
  • YouTuberのような配信をやってみたい人

動体動画を撮りたい人にGoPro HERO7は本当におすすめ。
本来ならブレブレで残念な動画になりそうなスノーボードや川下り動画もちゃんと動画として楽しめる作品に…!

しかも本体が小型・軽量なのでカバンの中でもかさばらず旅行にも気軽に持って行けます。
ディズニーランドやUSJなどのテーマパークでも大活躍間違いなしです◎

ちょっと合わないなと感じた人は、こちらの記事で他のGoproも検討してみてください。

GoPro HERO7におすすめなアクセサリー

GoPro用 ショーティー(ミニ延長ポール+三脚)

gopro7_ショーティー

携帯用の三脚付きミニ延長ポールです。
コンパクトなデザインで、ちょっとしたアクティビティのお供に最適です。出かける時にポケットに入れておけば、この小さなアイテムにカメラを設置してベストショットを撮影できます。
最大22.7cmまで延長可能。

GoPro用 ダイブハウジング

gopro7_ダイブハウジング

防水ハウジングケースです。
苛酷なアウトドア環境や深い水中でのダイビングでも本体を保護します。
水深60mまでの防水性能。

GoPro用 ジョーズフレックスクランプマウント

gopro7_ジョーズフレックスクランプマウント

GoPro本体を直径0.6cmから5cmまでのサイズの様々な物体に固定できます。

カメラを固定部分であるクランプに直接装着して目立たないように取り付けることや、オプションのネックを使用してカメラアングルの調節の幅を広げることもできます。


GoPro HERO7 blackはレンタルで試せる!

GoPro HERO7 blackはゲオあれこれレンタルにて 7泊8日~送料無料(一部地域をのぞく)でレンタル可能。
カメラはレンタルにする事で旅行資金をやりくりするのも良いと思います♪

タイトルとURLをコピーしました