カメラ

CANON(キャノン)EOS Kiss X9iがおすすめな人と個人的な評価!気になる性能は?

カメラ

CANON(キャノン)一眼レフの中でもEOS Kissシリーズは、誰にでも使いやすいモデルとして展開されています。EOS Kissシリーズは全体的に軽量で持ちやすく操作も単純。

今回はCANON(キャノン)EOS Kissの中でも、私が特におすすめしたい「EOS Kiss X9i」を紹介していきます。このカメラ一台で写真が十分楽しめるはず◎

EOS Kiss X9iは初めての一眼カメラにおすすめ?

CANON(キャノン)EOS Kissは初心者にも扱いやすいカメラなので、「入門の一眼カメラ」として選ばれることが多い!

小型で軽量のボディサイズなので女性の手でも持ちやすいです。
EOS Kiss X9iは中級機に引けを取らない高性能を備えており、簡単操作なのにカメラ慣れした写真も撮れてしまうステキな機種となっています。

ちなみに、EOS Kiss X9iはレンタルも可能です♪
購入前に試してみたい場合や、短期間しか使用しない場合はレンタルがおすすめですよ。

EOS Kiss X9iがおすすめな人

私が購入して感じたおすすめな人はこんな人。

  • 動いている被写体を撮影したい人
  • 本格的に写真を趣味にしたい人
  • ファミリー向けカメラの購入を考えている人

EOS Kiss X9iは連続撮影速度が最高約6.0コマ/秒で、現行のEOS Kissシリーズの中で1番連続撮影に強い機種です。
そのため子供の運動会やペットの撮影など、動きのあるシーンを撮るのに最適。

なぜ、CANON(キャノン)EOS Kiss X9iが向いているのか詳しく紹介していきます。

EOS Kiss X9iの気になる性能は?

CANON(キャノン)EOS Kiss X9iは、キャノンの中級機にも引けを取らない驚きの高性能。
どんな性能があるのか、特に「使える!」と感じた部分はこちら。

画素数は私的には満足レベル

EOS-Kiss-X9i_画素数

EOS Kiss X9iは約2420万画素。iPhone11の画素数が1200万画素なので、EOS Kiss X9iがいかに高画質か数字でも見て取れます。

常用ISO感度はISO100~25,600と高く、夜間などの撮影でも手ブレせずにキレイに撮る事が可能!

重さは500mlのペットボトルより軽い

EOS Kiss X9iの重さは485g(ボディのみ)!
500mlのペットボトルよりも軽いため持ち運びやすいです。

女性にとっては嬉しいポイントですよね。
それに、旅行中に首から下げていても軽いから疲れにくい♡

大きさは横幅がiPhone XRより小さい!?

EOS Kiss X9iの横幅はiPhoneXRより小さくてとってもコンパクト。
女性の手でもしっかりグリップを握れます。
それ故、操作キーとタッチパネル式液晶画面が近く、手の大きい方は逆に少し使いにくさを感じるかもしれません。

撮影機能オートフォーカスは使える

eos-kiss-x9i_オートフォーカス
EOS Kiss X9iのAF(オートフォーカス)性能は、EOSシリーズ内で中級機となるEOS 80Dと同等の性能を実現。

被写体にピントを合わせるための測距点が、今までの19点から45点へと大幅にアップしたからピントを正確に合わせやすいです。

ビューファインダーでのピント合わせも簡単

EOSKissX9i_測距エリア選択モード

EOS Kiss X9iはビューファインダーに表示される情報も豊富。
ピントを合わせる場所の選び方が4種類あるため、ピント合わせが苦手な人も柔軟にピントを合わせる位置を選ぶことが可能。

回転式タッチパネルって意外と便利

EOSKissX9i_画面

バリアングル液晶でタッチパネル式なため、背面のモニターを回転させることで自撮り撮影も液晶画面を見ながらできます。
そのため、見切れやブレで何度も撮り直す手間が省けます!

Wi-Fi機能が無いカメラは使えない

EOSKissX9i_wi-fi
EOS Kiss X9iは「イチガン画質をスマホでシェア」と謳っているだけあり、Wi-Fi・NFC機能がバッチリ搭載。

スマホでの写真や動画の編集はもちろんの事、【カメラ同士でのデータ送受信・Wi-Fi対応プリンターで直接プリント・ウェブサービスへ画像を保存と共有】が可能です。

新機能として搭載されたBluetooth機能で、カメラを取り出さなくてもスマホ側の操作のみで撮影した画像をスマホですぐ確認・保存できます!

このBluetooth機能の良いところは、旅先などですぐに写真をSNSにアップできるところ。

初心者向けモードで一気にプロっぽい写真が撮れた

EOSKissX9i_写真
EOS Kiss X9iは、「初心者でも迷わず使える」と「中級機に負けない高性能」を両立しているため、ビギナー向けに専門知識や専門用語を知らなくても撮影できるモードを搭載。
実際に流れる水を撮ってみたがかなりいい感じに撮れた。

①シーンインテリジェントオート

EOSKissX9i_インテリジェントオート

全自動モードなのでシャッターを押すだけで簡単にキレイな写真が撮れます。
カメラが色や明るさ、人なのか物なのかなど状況を判断しオートで適切な画つくりを行うため、初心者が一番使いやすいモード♡

ただ、あくまでオート撮影なのでこだわった写真を撮りたい場合はこのモードは向かないかもしれません。

②クリエイティブオート

EOSKissX9i_クリエイティブオート

ピントを合わせる範囲を設定したり、好きな雰囲気を選んで撮影が可能。
雰囲気効果の強弱も選べるので、好みに合わせてふんわりした写真やくっきりと鮮やかな写真にするなどできます。

③スペシャルシーン

EOSKissX9i_スペシャルシーン

普段の色々なシーンに適して撮影できるモード。料理・キッズ・集合写真など全部で7つのシーンを選べます。
中でも、手持ち撮影モードは三脚無しで夜景を綺麗に撮れるのでおすすめです!

④クリエイティブフィルター

モノクロ・トイカメラ風・魚眼風などインスタジェニックなモードが11種類使えます。
どのフィルターで撮影してもインスタ映え間違いなし!

EOSKissX9i_クリエイティブフィルター

カメラに慣れてきたらシャッタースピードやホワイトバランスを組み合わせて、自分なりの写真撮影を行う事もできます。
色々とカメラを触ってみて「これだ!」って写真が取れたら嬉しいですね◎

レンズキットのオススメは?

EOS Kiss X9iはEF-S18-135mmの万能レンズキットと、EF-S18-55mmの標準レンズ&EF-S55-250mmの望遠レンズとのダブルレンズキットがあります。

EOS-Kiss-X9i_EF-S18-135mm
万能レンズは、このレンズ1本で風景やスナップ、あるいは人物と言ったところが全て撮れる万能型。
レンズ交換も要らないためボディにほこりやゴミが入る心配も少ない。しかしレンズ自体のサイズが大きい。

EOS-Kiss-X9i_EF-S55-250mm
ダブルレンズキットの場合は、遠くのものを撮影したいとき望遠レンズへの付け替えが面倒ではあるがレンズ自体のサイズは小さく持ち運びが楽。

レンズ交換を面倒だと感じる場合は万能レンズ1本での撮影がおすすめ。

使って分かった!EOS Kiss X9iの総合評価

今回EOS Kiss X9iを使ってみて良いと思ったところと、う~んと感じたところをまとめた。

いいと思ったところ

とにかく軽くてコンパクトなので、持ち運びに不便さを感じなかった。
これならテーマパークなど、待ち時間が発生する場所に持って行っても大丈夫そう。

AF機能が優れているので、撮影技術を持っていなくてもそれっぽい写真が撮れたのでSNSにアップする楽しみが増えた。

悪いと思ったところ

思った以上に本体のサイズが小さかったため、手の大きい人は逆に持ちにくそう。

総合的に見て買い!?

  • 家族の思い出を写真も動画も沢山残したい人
  • 旅行が好きでカメラを持ち歩く人
  • これから真剣にカメラをはじめたい

当てはまる人は買っても満足するはず。屋内~夜景まで簡単に色んなシーンをカバーできるカメラなのでより一層撮影が楽しくなりますよ。

EOS Kiss X9iみんなのフォトジェニックな投稿

EOS Kiss X9iはレンタルで試すのもアリ

CANON EOS Kiss X9iは購入すると本体だけで10万円近くします。
「買って後悔。。。」
なんて事にならないようにレンタルで試してみるのがいいと思いますよ。

ゲオあれこれレンタルではEOS Kiss X9iを4泊5日~送料無料(一部地域をのぞく)でレンタル可能なのでおすすめ!
CANON EOS Kiss X9i以外にも色々な物がレンタルできるので、レンタル品を見るだけでも楽しいです。

タイトルとURLをコピーしました