その他

Anker「Nebula Nova」はどんな製品?シーリングプロジェクター「popIn Aladdin2」との違いも紹介

その他

2022年4月、Ankerより販売が開始されたシーリングプロジェクター「Nebula Nova」。

Ankerが販売する最新アイテムということもあり、気になっている人が多いはずです。

そこで、本記事ではNebula Novaの特徴についてご紹介。

製品のメリットやデメリット、競合製品との比較も行っていきます。
Nebula Novaが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Nebula Novaとは?製品の特徴を紹介


「Nebula Nova」は2022年4月13日から販売されているシーリングプロジェクター。
大手周辺機器メーカーであるAnkerの姉妹ブランドである「Nebula」の製品です。

Ankerグループならではの安定した品質と、nebulaが培ってきたプロジェクター技術を併せ持った優れた製品に仕上がっています。

製品のスペックは以下の通り。

製品名 Nebula Nova
メーカー・ブランド Anker
解像度 フルHD
輝度 800ANSIルーメン
調光・調色機能 ・100段階の明るさ(最大6100ルーメン)
・100段階の色温度(2700K〜6500K)
フォーカス調整機能 オートフォーカス
台形補正機能 マニュアル(垂直・水平 ±40°)
搭載OS Android TV 9.0
Bluetooth規格 Bluetooth 4.2
スピーカー 10W × 2(Dolby対応)
ランプ寿命 約20,000〜25,000時間
保証期間 2年
本体サイズ 約478 × 170 mm
重量 約4.7 kg
公式価格 99,990円

「プロジェクターとシーリングライトを合体させたのはわかったけど、どんな製品なのかいまいちわからない」
という方も多いはずです。
そこで、ここではNebula Novaの持つ特徴を紹介していきます。Nebula Novaが持つ主な特徴は以下の3つです。

  • 最大120インチの大画面を投影可能
  • Android TV OS搭載によって豊富なアプリが利用できる
  • 高品質なスピーカーを搭載

それでは、各特徴について順番に解説していきます。

最大120インチの大画面を投影可能

Nebula Novaが持つ1つ目の特徴は最大120インチの大画面を投影できる点です。

シーリングライトの本体部分には800ANSIルーメン・解像度フルHDという高性能なプロジェクターを搭載。

明るく高精細な映像を楽しむことができます。

画面サイズは設置距離ごとに異なり、最大で120インチの大画面を投影可能。
いつもの見ているアニメや映画もより臨場感のある映像で楽しむことができますよ。

ちなみに、Nebula Novaの設置距離と画面サイズ目安の比較表は次の通りです。

画面サイズ 設置距離
約40インチ 0.9 m
約60インチ 1.2 m
約80インチ 1.5 m
約100インチ 1.8 m
約120インチ 2.1 m

壁までの距離が90cmでも40インチという大画面投影が可能。
ある程度スペースがあれば、どんな部屋でも大画面が体験できます。

オートフォーカス機能によって、常に綺麗な映像を楽しめる点も魅力的です。

Android TV OS搭載によって豊富なアプリが利用できる

2つ目の特徴はAndoroid TV OSを搭載している点です。
Nebula NovaにはAndroid TV 9.0がそのまま搭載されています。

独自のカスタマイズがされていないため、Android TVを搭載したテレビと同じような使用感で利用することができますよ。

また、Android TVを搭載していることで、3,600を超える豊富なアプリも利用可能に。
「YouTube」や「Amazon Prime Video」、「TVer」といった様々な動画再生コンテンツを視聴できます。

Googleアシスタントを搭載しているので、音声操作も可能。
リモコンでは少し難しい文字入力も、音声を使えば一瞬で入力できます。

高品質なスピーカーを搭載

高品質なスピーカーを搭載していることもNebula Novaの特徴のひとつ。

Nebula NovaにはDolbyオーディオ対応・10W×2の高出力を搭載した高品質なスピーカーを搭載しています。

通常のスピーカーとは異なり、天井から降り注ぐように音を出力するため、映画館のような臨場感を体験可能。

音にこだわりのある方も十分満足できる仕上がりとなっています。

Nebula Novaの持つメリット・デメリットを紹介

続いて、Nebula Novaの持つメリットやデメリットを紹介していきます。
Nebula Novaが持つ主なメリットとデメリットは以下の通りです。

  • メリット①:部屋をすっきりした印象にできる
  • メリット②:視聴場所を気にしなくて良い
  • デメリット①:価格は約10万円と高め

それでは、順番に解説していきます。

メリット①:部屋をすっきりとした印象にできる

まずはNebula Novaの持つメリットから紹介していきます。

1つ目のメリットは、部屋をすっきりとした印象にできる点です。
別にNebula Novaではなくとも、大画面で視聴することはできます。

「大画面のテレビ」や「普通のプロジェクター」などが方法としては挙げられますね。

しかし、それらの方法で大画面を使用できる環境を構築しようとすると、部屋のレイアウトが限られてきます。

例えば、プロジェクターなんかを利用する場合だと、「プロジェクターの設置スペース」「プロジェククターからの映像を投影するスクリーン」などが必要に。

専用のスペースが必要になりますし、普段視線に入る部分に物が増えてしまうため、部屋がごちゃついた印象になってしまいます。

対して、「Nebula Nova」は天井に取り付けて利用するため、設置スペースの制約はほとんどありません。
シーリングライトが取り付けられている部屋であれば、ほとんどの場合使うことができます。

また、天井に設置することで存在感がなくなり、部屋全体をすっきりとした印象にすることが可能。

物も減らすことができるため、「掃除がしやすくなる」といったメリットも得られます。

「物を増やしたくない人」「部屋を綺麗にしたまま大画面を楽しみたい人」にはまさにぴったりな製品でしょう。

メリット②:視聴場所を気にしなくて良い

2つ目のメリットは視聴場所を気にしなくて良いという点です。

天井に取り付けるタイプではない通常のプロジェクターの場合、プロジェクターの前を通ってしまうと影ができてしまいます。

特に複数人で見ている時に、なかなか通るタイミングを見つけられなくて困ったかもいるのではないでしょうか。

その点、「Nebula Nova」は天井から映像を投影するため、影がほとんど映りません。
人やペットによって映像を邪魔されることがなくなり、動画視聴に集中することができますよ◎

通常のプロジェクターとは異なり、設置スペースの工夫がいらない点も非常に魅力的です。

デメリット①:価格は約10万円と高め

続いて、Nebula Novaのデメリットについて紹介していきます。
1つ目のデメリットは、本体価格が約10万円と高めな点です。

Nebula Novaの公式価格は99,990円。
正直に言うと、決して気軽に購入できる金額ではないですよね。

通常のプロジェクターの場合、5万円以下で購入できる製品も多いことを考えると、割高に感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、Nebula NovaはフルHD・120インチの大画面を投影できながら、高性能なスピーカーを搭載。

性能のスピーカーとプロジェクターを別々に揃えるよりも、Nebula Novaを購入した方が安く済むケースもあります。

Nebula Novaと競合製品popIn Aladdin2との違いを比較チェック

続いて、競合製品である「popIn Aladdin2」とNebula Novaとの違いを解説していきます。
各製品のスペックを比較した表は次のとおりです。

製品名 Nebula Nova popIn Aladdin2
メーカー・ブランド Anker popIn Aladdin
解像度 フルHD フルHD
輝度 800ANSIルーメン 700ANSIルーメン
調光・調色機能 ・100段階の明るさ(最大6100ルーメン)
・100段階の色温度(2700K〜6500K)
・100段階の明るさ(最大4300ルーメン)
・100段階の色温度(2800K〜6000K)
フォーカス調整機能 オートフォーカス リモコンから調整
台形補正機能 マニュアル(垂直・水平 ±40°) マニュアル(垂直・水平 ±40°)
搭載OS Android TV 9.0 Aladdin OS
Bluetooth規格 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
スピーカー 10W × 2(Dolby対応) 8W × 2 (ハーマンカードン製)
ランプ寿命 約20,000〜25,000時間 約20,000時間
保証期間 2年 1年
本体サイズ 約478 × 170 mm 約476 × 145 mm
重量 約4.7 kg 約4.9 kg
公式価格 99,990円 99,800円

比較してみると、Nebula NovaとpopIn Aladdin2には以下のような違いがあることがわかりました。

  • 輝度
  • インチ数
  • オートフォーカス機能
  • HDMI接続
  • 対応アプリ

それぞれの違いについて、順番に解説していきます。

輝度|Nebula Novaの方が明るい

まず2機種の違いとして挙げられるのが、輝度の違いです。

製品名 Nebula Nova popIn Aladdin2
輝度 800ANSIルーメン 700ANSIルーメン

Nebula Novaが800ANSIルーメンなのに対して、popin Aldaddin2は700ANSIルーメンとなっています。

輝度が明るいほど、昼間など明るい時間帯でもより鮮明な映像が楽しめます。

明確な差ではありませんが、わずかにNebula Novaの方が輝度は優れているという結果になりました。

インチ数|わずかにpopin Aladdin2の方が優秀

次の相違点はオートフォーカス機能の有無です。

Nebula Novaにはオートフォーカス機能が搭載されているのに対して、popIn Aladdin2にはオートフォーカス機能は搭載されていません。

popIn Aladdin2でフォーカスを合わせる場合、リモコンから手動で合わせる必要があります。

シーリングプロジェクターはほとんど固定して使うため、オートフォーカス機能は頻繁に使う機能ではありませんが、あると非常にセッティングが簡単に。

少しでも設定の負担を減らしたい人におすすめです。

HDMI接続|Nebula Novaは不可能

次に異なる点はHDMI接続ができるかどうか。

Nebula NovaとpopIn Aladdin2どちらもデフォルトの状態ではHDMI接続はできません。

しかし、popIn Aladdin2では別途「Aladdin Connector」を用意することで、HDMI接続が可能に。

家庭用ゲーム機やブルーレイレコーダを接続することで、ゲームやブルーレイを大画面で楽しむことができます。

Nebula Novaには現在そのようなオプション品はありません。
HDMI接続を考えている人は注意してください。

対応アプリ数|対応アプリ数はNebula Novaが圧倒的

対応アプリ数を比べると、Nebula Novaの方が圧倒的に利用できるアプリ数が多いです。

popIn Aladdin2で利用できるアプリの数は100個ほどですが、Nebula Novaが利用できるアプリ数はなんと3,600以上。

popIn Aladdinは独自の「Aladdin OS」を搭載しているため、使えるアプリが限られているというわけですね。

豊富な種類のアプリを利用したい場合は、Nebula Novaを利用した方が良いでしょう。

Nebula Novaを使っている人の口コミや評判

続いて、Nebula Novaを使っている人の口コミや評判を紹介していきます。
Nebula Novaを使っている人の意見としては以下のようなものが見られました。

2022年4月販売ということもあり、利用者の口コミはそこまでありませんでした。
口コミの内容を見てみると、肯定的な意見が多いです◎

特に大画面に対して感動したという意見が多かったです。
否定的な意見はそこまで見られませんでした。

Nebula Novaはこんな人におすすめの製品!

最後にNebula Novaがおすすめできる人の特徴を紹介していきます。
以下のような人たちにNebula Novaはおすすめです。

  • 自宅で大画面を楽しみたい人
  • 部屋に物を増やしたくない人
  • HDMI接続を使わない人

これらに当てはまる方は、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

まとめ

今回はNebula Novaについて紹介してきました。
シーリングプロジェクターがあると、部屋をすっきりさせたまま、大画面で動画コンテンツが楽しめるようになります。

ものを増やさずに大画面を楽しみたい人におすすめです。
気になった人はぜひチェックしてみてください♪

タイトルとURLをコピーしました